自動運転の自動車?ドライブはどうなるの。気になる自動車事情は?

このところ、急速に、自動車の行方が気になり始めました。その一つが、自動運転だと思います。ドライバーのみなさんは、現在、自動運転について、知識があるのでしょうか?自分自身も含め、とても気になります。みなさんも、テレビなどのニュースで、耳にしたレベルでは、ないでしょうか? 自動ってどこまで操作してくれるの? 時期は? 現状は? 間違いのない知識を持って、これからのカーライフにお役立てください。そこで、調べてみましたよ。

自動運転の自動車とは

人がハンドル、ブレーキ、アクセルを操作せずに、自動車自体に搭載されている「カメラ」「レーダー」を使用し、自動的に走行する自動車のことです。

このあたりの知識としては、みなさんも、なんとなくおわかりと思います。ニュースなど聞くと、すぐにでも、実現するかのような誤解を持ってしまいがちです。しかし、完全自動運転する自動車は、まだまだ、先になりそうですね。

まずは、自動運転の定義というものが存在しますので、基礎知識をすこし、ご紹介します。

定義とは

①レベル1 運転支援

ハンドル、ブレーキ、アクセルのうち、一つの制御に関わる監視・操作を自動運転システムが行うこと。

②レベル2 部分運転自動化

ハンドル、ブレーキ、アクセルのうち、複数の操作を自動運転システムが行うこと。

③レベル3 条件付き運転自動化

ハンドル、ブレーキ、アクセルのすべてを自動運転システムが行うこと。

緊急時の対応は、ドライバー。  (自動運転システムの要請より)

④レベル4 高度運転自動化

日常的に走行する道路、高速道路で、ハンドル、ブレーキ、アクセル操作のすべてを自動運転システムが実行。 ドライバーは、関与しない。

⑤レベル5 完全自動化

すべての場面で、ハンドル、ブレーキ、アクセルを自動運転システムが行うこと。ドライバーは、関与しない。

以上が自動運転自動車のレベル定義です。

日本の現状は

現在、日本は、レベル2までの自動運転が実用化してます。外国のGM、グーグルでは、レベル4以上の公道実験走行をしています。

しかし、日本では、自動運転での交通事故が発生時、誰の責任か法律上、問題もあり、レベル3以上は、いろいろな課題を抱えており、積極的には行っていません。

メリットとデメリット

メリット

・人的ミスの事故減少

・信号機や道路標識を削減できる。

・交通渋滞の緩和。

デメリット

・天候の変化に対して対応能力があるか。

・歩行者とのコミュニケーションに対応できるか。

・事故発生時、責任の区別化ができるか。ドライバーor自動車メーカー。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドライバーひとりひとりの思いもあり、いいね、ダメだね。とか、もう、来年にでも、レベル5の車が発売か、とか、いろいろまちまちの状態ですね。でも、今回の、上記のレベル1~5という段階があり、また、いろいろな課題があり、レベル5までには、すぐとはなりませんね。でも、実現できる夢として、わたしたちドライバーは、楽しいカーライフを送るためにも、大いに期待してゆっくりと待ちたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット