錦織圭対ジョコビッチは途中棄権?錦織4強ならず全豪オープン!

1月23日、全豪オープンテニスの10日目(オーストラリア・メルボルン)、男子シングルスで、準々決勝で錦織(29)対ジョコビッチ(31)が対戦しました。錦織は、第一セットを「1-6」で落とし、次の第二セットは、途中棄権しました。なにがあったのでしょうか。

スポンサーリンク

錦織対ジョコビッチで錦織が途中棄権

男子シングルス準々決勝、試合経過

錦織圭(29)選手、第8シード・世界ランキング9位とノバク・ジョゴビッチ(31)選手・第1シー

ド1位との対決となりました。

第1セット「1-6」ジョコビッチ

ジョコビッチ選手が、序盤から終盤まで主導権をにぎり、

錦織選手は、太ももの痛みで、踏ん張ることが出来ずに、ミスを連発する試合内容でした。

ジョコビッチは、錦織のサービスゲームを2度ブレークするなどで、「1-6」で取りました。

錦織選手は、第4ゲームでのサーブを放った瞬間、ふたたび右太ももに激痛が走りました。

試合中、右太ももの痛みに耐えながらの戦いとなり、第1セット終了直後に、右太ももの治療

のため、メディカルタイムアウトを取り3分間のマッサージ治療を受けました。しかし、復調

はしませんでした。

第2セット「1-4」錦織選手途中棄権敗退

第1ゲーム、錦織選手は、なんとか持ちこたえたというという感じ。

第2ゲームに入ると錦織選手は、序盤から劣性で、ジョコビッチ選手に、12連続ポイントを失

点しました。

そして、第5ゲームもジョコビッチ選手にブレークを取られたところで、右太ももに強い痛み

を感じ、右足で蹴ることが出来なくなってしまい、錦織選は、審判に途中棄権を申し入れ、

試合は終了となりました。

ゲームカウント「1-4」で錦織選手は、敗退となりました。

スポンサーリンク

錦織対ジョコビッチ途中棄権になった試合時間

錦織選手は、この準々決勝まで、4試合を戦い抜いてきました。

4試合中3試合がフルセット(第5セット)までの戦いでした。この4試合の合計試合時間は、

13時間47分にもなります。

一方、ジョゴビッチ選手は、9時間44分。ここまで、一度もフルセットの試合はありませんで

した。

錦織選手は、ジョコビッチ選手の1.5倍近くも体を動かしてきたわけです。

なお、途中棄権した準々決勝は、52分でした。

錦織対ジョコビッチ途中棄権のきっかけ

1月21日の4回戦、カレノブスタ(スペイン)と5時間5分の激闘を制し、その際に右太ももを痛

めた模様です。

錦織対ジョコビッチ途中棄権しないために

そういうわけで、錦織選手は、準々決勝の前日の22日は、十分とはいえませんが、体を休める

ために、午後からの練習は、切り上げていました。ジョコビッチ戦は、いつも、長いラリーと

なるので、しっかりリカバリーをして体を戻すことが先決と言っていました。

錦織対ジョコビッチ途中棄権その結果

錦織選手は、昨年2018年のウィンブルドン準々決勝、全米準決勝につづき、

グランドスラム3大会連続でジョコビッチ選手に負けています。ジョコビッチとの対戦成績

は、これで、2勝16敗で15連敗中です。

錦織対ジョコビッチは途中棄権?錦織4強ならず全豪オープン!のまとめ

錦織選手は、ジョコビッチ選手に対して、なかなか勝つことが出来ません。

対戦前にも、ジョコビッチ選手との疲労度の違いが懸念されていました。単純計算ではありま

すが、ここまでに、ジョコビッチ選手と4時間もの差が生じました。

この時間は、普通の試合の1試合以上にあたります。、錦織選手は、ジョコビッチ選手よりも1

試合も多く戦かってきたことになります。その分、体力の消耗をしていることになります。

また、錦織選手は、過去にも、途中棄権の試合が、何度かあります。今回も、とても残念でし

ょうがありません。錦織選手本人の方が悔しいと思っているとは思いますが・・・。

技術的には、劣っているとは思いません。どうしたら、決勝にいくまで、怪我をしないか、体

力を温存できるか、です。これからも応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット