女子中学生が大麻・MDMA所持!どのような理由で入手したのか?

3月25日、衝撃なニュースが入りました。京都府警伏見署によると、京都市内の中学3年生の女子生徒(15)が、自宅で大麻草を所持していたと大麻取締法違反(所持)の疑いで、逮捕しました。さらに、合成麻薬MDMAも所持していました。どのような状況と理由があったのでしょうか。

スポンサーリンク

女子中学生が大麻・MDMA所持!どのように発覚したのか?

報道によりますと、逮捕容疑は、3月1日。女子中学生が自宅で大麻所持の容疑。

乾燥大麻およそ7.1グラムとMDMA 2錠を所持していた。逮捕は7日付け。

女子中学生(15)は、インターネットネットを通じて大麻を入手しました。

今年の2019年1月下旬ごろから使い始め、

3月上旬に市内の自宅で突然暴れ始めたといいます。

女子中学生の様子が普段と違うと感じた母親が119番に通報し

搬送された病院での尿検査ににより、大麻の陽性反応を確認しました。

女子中学生が大麻・MDMA所持!入手ルートは?

大麻や・MDMAが気軽にネットで買えるものなのでしょうか?とても疑問に思います。

よくよく調べていくと、この女子中学生は、インターネットで知り合った男性から購入したと

話しています。

今どきの中学生は、何のためらいもなくネットで知り合えるのですね。恐ろしいです。

購入するのにそれなりのお金が必要ですが、この中学生は、お金があるんですね。

スポンサーリンク

女子中学生が大麻・MDMA所持!どのような理由なのか?

そして、この女子中学生が、大麻を入手し、使用した理由も何気ないんです。

「眠れなかったため」

といいます。中学時代と言えば、いろいろと多感な時期ですよね。

女子中学生は、家族のことで悩んでいて眠れなかったためといい、大麻を使用したといいま

す。理解しがたい動機ですね。

さらに、驚いたことに、府警が、女子中学生の自宅の部屋を捜査したところ、

ポリ袋入れられた乾燥大麻や合成麻薬のMDMA、大麻をすりつぶして吸引したりするための道

具も発見され、3月25日、麻薬取締法違反の疑いで追送検されました。

使い方は知っていたのですか?吸引道具まであって、家族は知らなかった?

女子中学生が大麻・MDMA所持!どのような理由で入手したのか?のまとめ

女子中学生が、家族のことで悩み眠れなくなり、眠るために、大麻、合成麻薬MDMAを自ら

が、インターネットを通じて見知らぬ男性から購入する。

そして、使用する。突然あばれて、それを見た母親が119番して病院搬送。

検査結果で、大麻の陽性反応。警察に相談して事件が発覚。

この事件の一連の流れですが、

どうして、悩んで眠れない状態から、大麻に行きつくのか?

違法行為に進んでしまうのか理解できません。

いろいろな要因が絡んでいますね。

薬物は、もう子供の世界まで普通に蔓延しているのでしょうか?

そうならないために、大人は、子供を守らなければなりません。

薬物の危険さを学校で教育してるのかな?

親も子供とのコミュニケーションをとらないと。などなど・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット