勝谷誠彦死去病気療養中!突然の訃報57歳

勝谷誠彦さん57歳が、11月28日午前1時48分、肝不全のため兵庫県尼崎市(生まれ故郷)内の病院でなくなりました。写真家、コラムニスト、テレビやラジオでのコメンテーターとして、活躍しておりました。突然の訃報に、周囲の人々は驚いています。

スポンサーリンク

診断

勝谷誠彦さんは、今年、8月21日、右わき腹が激しい痛みにあい、緊急入院し、アルコール性劇症肝炎と診断れされました。そして、10月10日に退院され、その後は、療養生活を送ってい

退院していた

ました。10月20日には、兵庫県内において「尼崎市民医療フォーラム」に参加され、退院後、初めて公の場に姿を見せていた。

早稲田大学を卒業後、雑誌記者を経、テレビなどで辛口のコメンテーターとして人気を集めました。また、2017年には、兵庫県知事に立候補しましたが、結果を出すことが出来ませんでした。

今後の予定

通夜28日午後7時、葬儀告別式は29日午後1時から 場所、兵庫県尼崎市西長洲町3-7-7、阪神平安祭典会館にて  喪主は、弟の友宏さん。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット