貴景勝14日目優勝決める大一番!今日取組大関高安との結果は?

スポンサーリンク

大相撲九州場所は、今日14日目、小結貴景勝が勝利すると、優勝が決定する日となりました。それも、初優勝です。対戦相手は、二敗でしっかりとつけてきている大関高安との取り組みです。さて、今日、の結果は、どうだったでしょうか?

[ad#co-1]

立ち合い

貴景勝は、緊張気味でしたが、いつも通りの、気合が入ったあたりができました。完璧!対戦相手の大関高安は、その瞬間、押され気味となり、強い押しに、その勢いのまま、高安は、後退し土俵際、右足がなんとか俵にかかって踏ん張ることが出来き感じでした。その瞬間、誰もが「やった!と思ったことでしょう」さすがと。

決まり手は

しかし、しかし、勝負とは・・・。おそらく、貴景勝自身も、わたしたちとその瞬間は、思いが同じだったと思います。本人も、「勝った」と思った時、勢いは、止まりました。当たった勢いが強かった分、大関高安の体は、一気に土俵際まで押し込まれ、ふたりの間に空間ができ、貴景勝の体は、バランスを崩してしまい、そのままの位置で、あれ?肩すかし?(決まり手は、引き落とし)のような感じで、それ以上押し込めず、土俵に落ちていきました。その間、大関高安は、くるくると一回転して、難をを逃れたという次第です。相撲で勝って、勝負に負けた。という、悔しい結果となりました。そして、貴景勝の今日の優勝、初優勝はなくなりました。

スポンサーリンク

大関高安は

取組後、高安は、「相手の圧力が強かった。押し込まれてしまったが、最後は、体がうまく反応した」とコメント。7日目までに2敗したが、「ここから踏ん張った」とコメント。今

だ、大関でただ一人、優勝をしていない。いままで、準優勝が3度。なんとかしたい、そして、最大の今場所のチャンス。今年の初場所では、番付下だった栃ノ心が初優勝している。こ

のような状況の中、高安の今場所にかける気持ちが垣間見える。絶対優勝だ。今日の一番で、貴景勝をとらえた。あと一日、大関の意地を見せる時が来た。そして、初優勝。最終日の「千秋楽」の取り組みは、関脇御嶽海。対戦成績は、10勝4敗。今場所の成績は、6勝8

敗。

千秋楽

一方、小結貴景勝の明日の取組は、錦木(前頭三枚目、28歳、186cm174kg、得意技 押し)。対戦成績は、1勝1敗。錦木の今場所の成績は、8勝6敗で今日まで、5連勝。得意技が同じ「押

し」のふたりの戦いとなります。今日までの二人の違いを比べてみると、貴景勝は、今日の「負け」が精神的なショックが大きい。今場所を初めてトップの勝ち数で引っ張ってきた疲

れ、初優優勝が見えてきたという欲望、そして、今日の負け、明日対戦相手の錦木は、今日勝ち越しを決めました。それも、今日まで、5連勝での勝ち越し。精神的には、ふたりには大きな差があるものと思われます。

優勝決定戦も

さて、明日、「千秋楽」。同星どおしのふたりは、まずは、しっかりと、それぞれの対戦相手との取り組みに集中して、その結果、優勝決定戦をのぞみたいものです。期待は、高まるばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット