吉澤ひとみ被告に有罪判決下る!執行猶予付き判決は重い軽い?

スポンサーリンク

11月30日、東京地裁は、元モーニング娘のメンバーのひとり、吉澤ひとみ被告に、懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を下しました。道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)の罪です。

[ad#co-1]

吉澤ひとみ被告の表情

佐藤裁判官は「吉澤被告の呼気からは他の事案と比べても高濃度の値が検出されていて、結果は被害者の顔面に傷跡が残るなどで軽いものではなく、被告の責任は相当に重い」と述べ、そ

の上で「被告は被害者に謝罪し示談を成立しており、被害者は寛大な処分を求めているが、反省を深める必要があり、通常より長い執行猶予期間とした」。

吉澤被告は、以前、茶色の髪の毛は、黒くなっており、やつれた表情で、グレーのスーツ、黒のヒールの出で立ち、神妙な表情で、判決を聞くと一礼しました。

9月保釈後

精神面が不安定なことから、一時期、専門医療施設に入院をしていました。現在は、退院しています。

スポンサーリンク

被害者と示談成立

被害者の女性と男性には、慰謝料と賠償金の支払いが済んでおり、それぞれ、示談が成立しています。

事件の振り返り

吉澤ひとみ被告は、9月6日午前7時ごろ酒気帯び状態で自家用車を運転し、東京都中野区の交差点に赤信号無視で進入。横断歩道を渡りかけていた女性をはねながら、さらに男性も負傷し、ひき逃げしました。その時のスピードは、時速86キロで走行しており、法定速度を約26キロもオーバーして、交差点に突入しました。逮捕されたとき、吉澤被告の呼気からは基準値の約4倍のアルコールが検出されたということでした。

吉澤ひとみ被告の今後

初公判での出来事で、吉澤ひとみ被告の夫の検察側の証人質問で、妻は、お酒の量は減っています。という、事件後も、飲酒していることが明らかになっています。まだ、精神的な不安が解消されていないようです。また、運転免許に関しては、事件後取り消されており、再取得するつもりはありませんと言っておりますが。4年前に運転免許を取得し、その4年間に交通違反3件、事故2件を起こしており、運転には、向かないような気がします。

[ad#co-4]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット