北朝鮮ミサイルか飛翔体か複数発射し日本海に落下!どんなミサイルか?

5月4日、北朝鮮が、複数のミサイルか飛翔体なる物を日本海側に発射しました。翌5日には、発射の様子を映像で公開し、多連装ロケットと一緒に「戦術誘導兵器」を発射したといいます。どのようなミサイルなのか、また今後の展開を調べてみました。

スポンサーリンク

北朝鮮のミサイルか飛翔体か?

今回発射されたミサイルは、北朝鮮は「戦術誘導兵器」と言っています。

このミサイルを調べていくと、驚くことに、

ロシア軍にある短距離弾道ミサイルの「イスカンデル」を正確に真似て再現したものです。

この「イスカンデル」の模倣品自体は、以前に北朝鮮の軍事パレードに登場

しているので、知られていますので驚かはないのですが、

「イスカンデルが発射」ということを確認したとなると、

大変な驚きで、今回、初めての出来事となります。

北朝鮮ミサイルか飛翔体かの正体は短距離弾で卯ミサイル「イスカンデル」! とは?

「イスカンデル」は、ミサイルを2個のリング状のクランプを使用して、固定します。

この2本のリング状のクランプにクレーンの爪を引っかけ持ち上げて

発射機に装着されます。このクランプが付いた状態のまま発射され

そして、発射直後にリング状のこのクランプを爆破ボルトで吹き飛ばして

ミサイルだけが上昇していきます。

この方式は、「イスカンデル」だけの特徴的な機構です。

「イスカンデル」短距離弾道ミサイルは、旧式スカッド短距離弾道ミサイルとは

比較にならない高性能なミサイルです。

スカッド短距離弾道ミサイルの燃料は、液体燃料で、燃料補給とかにとても時間を要し、ミサ

イル自体の移動は困難です。

しかし、この「イスカンデル」短距離弾道ミサイルは、固定燃料で、発射までに要する時間が

大幅に短縮でき、発射前の撃破が非常に困難となります。

「イスカンデル」短距離弾道ミサイルの模倣品は、前記していますが昨年2018年2月8日

朝鮮人民軍創建記念の軍事バレードで初の登場となります。

この時の発射台トラックは、発射車両はロシア製に比べ車幅等が狭い中国製のトラックだった

のが今回の2019年5月4日にミサイルを発射した車両は、元のロシア製に近い

車幅が広い形状のトラックに進歩しており、さらに、タイヤの径も後側

が大きくなっていて、路外での機動性能がアップしているのが分かります。

全体的にをみるとパワーアップされたトラックになっています。

北朝鮮ミサイルか飛翔体か複数発射で、今後の米韓関係は?

今回発射されたミサイルが「イスカンデル」弾道ミサイルと確認できたことで

北朝鮮に弾道ミサイル技術をもった発射行為を禁じた国連安保決議に違反ということになりま

す。

北朝鮮と韓国が結んだ南北軍事分野合意書も、これで危ない方向へ向かうことになります。

そして、北朝鮮がロシア軍の現役主力兵器を模倣して作ったことは韓国軍

と在韓米軍にとても深刻な衝撃を与えたことになります。

北朝鮮がロシア製に近い能力を持つことは、精密誘導能力をも持っているということになるの

です。

今回の「イスカンデル」短距離弾道ミサイル発射の影響は、北朝鮮が、保有する短距離ミサイ

ルの中で、最も性能が高く危険な新型兵器を発射してアメリカと韓国を威嚇したことを意味し

ます。

北朝鮮ミサイルか飛翔体か複数発射し日本海に落下!どんなミサイルか?のまとめ

ちなみに、北朝鮮が、前回ミサイルを発射したのは、2017年11月。

史上初の米朝首脳会談は、昨年2018年でミサイル発射や核実験は、行なっていません。

これをどう見るべきなのでしょう。

北朝鮮は、昔に戻っているのでしょうか。

やはり、金委員長は、自国の武器能力を、日一日と高めています。

そのことを世界に向けて発信し、特に、アメリカに気付かせようとしていることは

昔も今も変わっていないのですね。

考えと行動が、昔に戻らないよう願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット