家族葬家族以外の参列、香典、生花はどうすれば?

先日くも膜下出血のため亡くられたジャニー喜多川社長が「家族葬」とのニュースを耳にしました。そこで家族葬とはなにか、訃報を受けたとき、家族以外は、どのようにすればいいのか、一般的な葬式とは異なる点やマナーについて調べてみました。

スポンサーリンク

家族葬とは?

「家族葬」という言葉、少し昔には、あまり耳にしたことがなかったのでは。現在では、この「家族葬」がとても増えています。そこで、あらためて、「家族葬」とは、どのようなこと。から説明していきます。

「家族葬」とは、家族や親族のみで見送るという葬儀の形式です。

「家族葬」としての明確な定義というものはなく、参列人数では、1~30名程度、一般的なお

葬式同様にご僧侶を及びする場合が多いです。

[家族葬のながれ]

基本的には、一般的な葬儀と同様に、通夜の翌日は告別式、そして火葬します。

家族葬の家族以外でのマナー

・香典・・辞退する場合が多いので、その場合は、持参しません。

香典に関して何も言われなかった場合も、香典を受け取らない場合が多いです。

どちらか判断に困り不安な場合は、香典を用意して、参列し、遺族の意向に合わせます。

参列・・喪主、遺族側から参列の案内があった場合のみ参列します。

案内が電話などの場合⇒参列をします。

はがき等書面で連絡を受けた場合⇒葬儀の案内が記載されていれば参列します。

・生花・・呼ばれなかった方は基本的には、辞退をする案内を受け取った場合は、送らないことが礼儀です。

遺族の意思を尊重しましょう

それ以外の方や、後で知った方の場合は、どうしても遺族に弔意を示したいときは、お花を贈ることが多いです。お花と一緒にメッセージカードを欠いて送る場合もあり、文面最後に「お返しは不要です」と一筆書いておくとよいでしょう。

家族葬では、生花を贈ることがご遺族の負担になってしまう場合があるので、注意が必要となり、個人やご遺族の意思を尊重することが大切になります。

家族葬家族以外の参列、香典、生花などのまとめ

「家族葬」の家族以外の方のポイントは、、参列するかどうかを判断する事。

そのこと以外には、特別にするようなことはありません。

一般的な葬儀と同様に考えても良いと思います。

ジャニー喜多川社長が「家族葬」らしいですが、

一部のジャニーズファンなのでしょうか?

貸切バスを予約をして参加者を募集し、告別式に行くとしています。

呼ばれなかった方たちは、遺族の気持ちを汲んで、マナーを守りましょう。

おねがいします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット