SUVとはなんと読むの?いま、おすすめの人気車種ですよ!

このところ、ちょっと気になりだしたので、調べてみようと思い立ちました。皆さんは、いかがですか?この時期、ボーナスという人も多いのでは。そう、気になる車SUVです。ちよっと時間がありましたら、のぞいてみませんか。

スポンサーリンク

なんというくるま?SUVとは

よく車を運転しますが、運転しながら、ふっと気になりだしたのが、車高が高くて、ちょっと大きく威圧を感じる、そして、よく見かけるようになりました。以前から気になってはいたのですが、SUVとか書いてある。SUVってなんだろう。最近は、調べるのがめんどうくさいと思う年になって(定年過ぎてます)しまい、ほったらかしにしておいたんですが、街の中で、良く見かけるようになったので、この機会に思い切って、調べてみることにしました。

SUVとは、なんと読むの?

SUVと書いて、「Sport Utility Vehicle」の略です。では、なんと読むのでしょう。スポーツユーティリティービークルと読みます。この読み方にしても、なにか馴染めない感じがします。スポーツまでは、いいのですが、ユーティリティーとかビークルだとか。ポカンという感じ。これを日本語に訳しますと、「多目的スポーツ車」SUV。これでもピンときませんね。さらに調べてみると、「普通に乗れてレジャーまでの多目的に利用できるスポーツ車」これでいかがでしょう。「SUV」理解できましたでしょうか。でも、どんな車なの?が頭から離れません。このままの知識で、ショールームに行って、説明されるのもちょと悔しいな。では、勉強しましょう。SUVを。

SUV人気の理由は

まずは、なんといっても、この質問でしょう。どこがいいのでしょうか?。まずは、あるアンケート結果からみてみました。買い替えたい車のタイプ(形)?問いに、「SUV」と回答があったのが去年は27%、今年4%増の31%になったといことです。さらに、掘り下げていくと、家族構成で一番多かったのが「独身」34%、理解できますよね。次に多かったのが、「親、子の二世帯同居」去年は25%、今年6%増の31%となり、「SUV」がファミリー層に入り込んできたということが、このデータで解りますね。やはり、増えているんですよ。普通、ファミリー層は、「ミニバン」というのが定番なのですが。

スポンサーリンク

SUV7人乗りはファミリー層のねらい

では、次は、そのファミリー層が、「SUV」の何が気に入ったのか?ですね。ファミリー層といえば、小さいお子さんから、おじいちゃん、おばあちゃんまで、年齢的に幅広く、また、多人数で乗るというイメージがありますね。でもあの「SUV」に、たくさん乗れるのでしょうか。調べてみました。びっくりです。あの外観から想像できなかったのですが、なんと、「ミニバン」と同様な3列シートで7人乗りがあります。また、5人乗りでは、とてもゆとりのある室内が確保されています。ということで、別に皆が乗ってる(ファミリー層)「ミニバン」じゃなくてもいいじゃない。という、考えになりますね。

SUVとミニバン比較プラスαはあるのか(メリット)

琥寝間の中身が「ミニバン」と変わらなければ、形がいいほうがいいですね。個人的には、そう思います。さらに、なにかプラスαがあるのでしょうか。調べてみました。3つご紹介します。一つ目、外観・スタイルよく、ボディも大きくステータス感、豪華さがある。二つ目、運転席が高く、遠くまで見えて運転しやすい。三つ目、本来の悪路のために作られたものなので、季節を問わずアウトドアに最適である。

SUVのデメリット

メリットだけで終わらせようとしましたが、ちょっと欲を出してしまいました。お時間がありましたら、読んでください。ちらも3つご紹介します。一つ目、メリットの一つ目がデメリットとなり、ボディーが大きくなると、車重も重くなり燃費が悪くなります。二つ目、メリットの二つ目がデメリットとなり、車高が高くなった分、タワーパーキングに入らない場合があります。そして、三つ目は、任意保険料が少々高い。SUVのモデルの形式にもよるとのことです。参考にしてください。

SUVとはなんと読むの?いま、おすすめの人気車種ですよ!のまとめ

ということで、いまどきの人気車種「SUV」について、説明いたしました。やはり、感じていたことは、正解でしたね。気になるぐらい走ってますよ。簡単では、ありましたが、この程度の知識があれば、ショールームに行って、自信を持っていけるのではないでしょうか。それでは、安全運転でいってらっしゃい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット