貴ノ岩冬巡業中の暴力行為発覚!なにがどうしてどうなった被害者は?

耳を疑うような、信じられないニュースが飛び込んできました。時は、12月5日。貴ノ岩が暴力行為!貴ノ岩といえば、あの元横綱日馬富士との暴力事件の被害者ではないか。今度は「暴力」をした側だ。間違いでしょ、と聞き直しました。では誰にどのような暴力をしたのでしょうか。

スポンサーリンク

誰にどのような暴力

12月4日、午後11時ごろ、暴力をした相手は、貴ノ岩の付き人・貴大将だった。現在、大相撲は、福岡県において、冬巡業中のさなかです。暴力を振るった場所は、福岡県行橋市にある宿舎の中でした。拳と平手で顔を、4、5回なぐったようです。付き人・貴大将は、病院で治療を受けましたが、外傷はなく、頬が腫れている状態です。なお、貴ノ岩は、その時、酔っていたということです。

理由は

貴ノ岩の付き人・貴大将が、忘れ物の言い訳をしたので、腹を立てたといっています。付き人貴大将自身は、自分が付き人として悪かったんです。言われたことをちゃんとできなくて、と反省の弁。

事件の発覚

付き人・貴大将が、事件の翌日の12月5日の朝、巡業先である福岡県行橋市の会場に、遅刻したところから、相撲関係者が本人に電話し、事情を聴いたことにより、このたびの暴行事件が発覚しました。遅刻した理由について、この日の朝、自分がこのまま付け人を続けたら、みんなに迷惑をかけると思い会場をでて、1時間ほどさまよっていたとのことです。

相撲協会の対応は

日本相撲協会は、事件発生の翌日、12月5日に貴ノ岩を、冬巡業中の福岡県行橋市から呼び戻し、午後2時半ごろ、東京両国国技館にて、千賀ノ浦親方と一緒に、鏡山危機管理部長と宮田主事の事情聴取に応じました。貴ノ岩は、暴行の事実を認め謝罪いたしました。そして、現在参加している冬巡業の休場と千賀ノ浦部屋での謹慎を言い渡されました。

スポンサーリンク

貴ノ岩は

12月5日、事情聴取に応じました。貴ノ岩は、暴行の事実を認め謝罪いたしました。そして、現在参加している冬巡業の休場と千賀ノ浦部屋での謹慎処分を言い渡されました。

貴ノ岩の処分検討と予想

今後、付け人の貴大将への事情聴取を行い、理事会において、貴ノ岩への処分を検討するとのことです。

処分の予想は、現時点では、被害者の貴大将の怪我の詳細が把握されていない状況ですが、過去の例としてあげるのが、今年の春場所で、今回の出来事と同様の事件がありました。十両の貴公俊が、付き人に暴行をおこした事件では、1場所の休場停止でした。このたびは、貴ノ岩は、幕内であり、去年の元横綱日馬富士暴行事件では、被害者ですが、この事件では当事者でした。今回は、加害者ということから見て、2場所または、1場所以上の休場と予測されていまが、さらに、解雇までと行くかどうか、難しい判断となりますが、かなり重い処分にはなるのではないでしょうか。

まとめ

今年、10月25日に、日本相撲協会の八角理事長は、暴力決別宣言を発表したばかりでした。その後、この間もない出来事に、日本相撲協会も世間も驚きを隠せません。でも、その中でも、今回の不祥事にかかわる日本協会の対応は、素早く、改革が実行されている、というのが確認できた出来事と思います。今後も、継続しながら、この改革姿勢ですすむことを願いたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット