台風10号進路予想8月15日四国か九州上陸へ!危険超大型台風に?

スポンサーリンク

台風10号の2019年8月14日(水)8:50最新情報の進路予想です。台風10号は、超大型から大型となり種子島の南東の約300kmを10km/hで北に進むんでいます。8月15日ごろ、四国か九州にかけて上陸する恐れが出てきました。暴風雨、高波、高潮、土砂災害に厳重警戒です。

[ad#co-1]

台風10号の勢力

台風10号 8月14日 8:50 現在

進路・速さ 北・10km/h

大きさ 超大型⇒大型

位置 種子島の南東 約300km

中心気圧 965hPa

最大風速 30m/s

最大瞬間風速 40m/s

25m/s以上の暴風域 全域330km⇒240km

15m/s以上の強風域 北側全域650kmn⇒600km、南側1100km

引用元:気象庁HP

台風10号の進路予想図

引用元:気象庁HP

スポンサーリンク

台風10号の暴風域に入る確率

8月13日(火)の予報

         ⇓⇓⇓

8月14(水)の予報

8月13日(火)の予報

          ⇓⇓⇓

8月14(火)の予報

引用元:気象庁HP

暴風域に入る地域をこれから上陸が予想されます2地点「四国・高知」と「九州・宮崎」

に絞ってみてみました。

この図より、暴風が強まり始めるのは、

九州・宮崎が14日0時⇒12時すぎごろと少し遅くなり、四国・高知が14日9時⇒21時過ぎご

ろと遅くなりました。

そして、暴風域のピークは、九州・宮崎が15日0時すぎころ、

四国・高知が15日9時すぎころとなっています。

台風10号進路予想8月15日四国か九州上陸へ!危険超大型台風に?のまとめ

引用元:Yahoo!天気

西日本から東日本の太平洋側は、

8月13日(火)から大しけとなり、

14日(水)から15日(木)にかけて猛烈な風が吹き、猛烈なしけ

となるところがあります。

今後台風10号の接近に伴って、多いところでは

総降水量が1000ミリを越える大雨になる恐れがあります。

暴風雨、高波、高潮、土砂災害や低い土地への浸水、

河川の増水や反乱には、厳重に警戒してください。

場所によっては、落雷や竜巻などの激しい突風などにも注意をしてください。

15日(木)以降も南から暖かく湿った空気が流れ込むため、

西日本から東日本の太平洋側の広い範囲で雨が降ります。

13日から19日にかけて大潮の時期とかさなるため、

通常より高潮となっているので西日本では台風の接近に伴い

14日から15日にかけて高潮となるので注意してください。

台風10号、超大型から大型、14日午後九州は暴風域へ

台風10号は、超大型から大型の台風になりました。

しかし、勢力は強めながら強めながら続けています。

14日(水)の午後には、九州の一部が風速25m/s以上の暴風域に入る見込みです。

15日(木)には、暴風域を伴ったまま九州か四国に上陸するとみられています。

暴風域が大変広いため、台風の中心から離れた場所でも風雨が強まります。

西日本の太平洋側では、これから徐々に風雨が強まり始めす。

大雨や暴風に厳重な警戒が必要です。

また、台風の東側は、温かく湿った空気が流れ込み続けるために

雨量は非常に多くなることが予想されます。

総雨量が1000ミリに達する恐れがあるので、土砂災害、河川の増水・氾濫

低い土地への浸水などに警戒が必要です。

迅速に避難が出来るように準備をしておくことが大切です。

今後、交通機関においても大雨と暴風の影響により乱れる恐れが出てきます。

台風10号に関する情報を確認し、早め早めの予定変更などの調整をしてください。

停電や物流などの影響も考えられ、早めに、食料品などの備蓄をしておくと良いでしょう。

テレビのニュース等で海での事故が多くなっています。

太平洋側の広い範囲で波やうねりが高くなってきていて、これからさらに高まる予想です。

15日(木)は、大潮となるために、高波となりますので台風の進路に近い場所では

高波や高潮に警戒をしてください。

ネットからの情報

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット