マイカーのタイヤは?、高速道路利用も安心ドライブを楽しむ!

スポンサーリンク

紅葉がまっただ中ですね。愛車でドライブを計画している方もいるでしょう。ドライブには、最適な季節だと思います。テレビなどのニュースでも、紅葉のシーンが取り上げられています。でも、紅葉には、期間とタイミングがありますので、よーく情報収集をしてくださいね。早すぎた、遅すぎたと嘆かないためにも。そして、ドライブ前の愛車の点検で、さらに、安心して楽しみが倍増しますよ。それでは、その内容をご紹介いたします。

ドライブ前のタイヤ確認

特に、高速道路を利用するときは、必ず、タイヤの状況を確認してください。できれば、車に乗る前は、毎回、確認するように心がけて下さいね。

タイヤをどう確認するの

まず、空気圧、すり減り具合・亀裂・傷・ヒビ割れを確認します。

理由、スリップ、パンク、突然タイヤが破裂するバースト。このバーストは、突然発生するので、大事故に繋がり、命にかかわります。絶対、さけるためには?

空気圧

日ごろ、確認してますか?車を点検する中で、一番、すぐできる確認です。車が、停車している状態で、タイヤの接地面のふくらみ具合を観察してください。手前に膨らんでいる状態は、空気圧が低い。膨らみがない場合は、空気圧が高い。空気圧は、高くても、低くてもNGです。よく自転車のタイヤを指で押して確認しませんか?でも、車では、そのような確認方法は、硬すぎてできませんので、ガゾリンスタンドで、見てもらいましょう。定期的にチェックしてもらいましょう。

すり減り具合

タイヤの接地面のスリップサイン(溝の深さ)の確認と小石が詰まっていないか。

スリップサインは、残り溝が1.6mmしかないという危険サインで、法令で定めています。スリップし易くなり危険です。これは、至急交換しなければなりません。しない場合、整備不良で「法令違反」となります。また、小石が挟まっていた場合は、取り除きましょう。走行中に、その石がとれて、自分の車や後続車のフロントガラスに当たり破損する可能性ががあります。とても、危険です。

亀裂・傷・ヒビ割れ

最初に説明していますが、突然、タイヤが破れます。バーストです。これは、突然発生するので、事故を避けることは、ほぼ、不可能です。高速道路を走行中に発生した場合を想像してみてください。ゾッとしますよね。

スポンサーリンク

まとめ

どうでしたか?

車は、タイヤがないと、走れません。こんなこと、だれでも知ってると思います。日常で、普通に、お買い物などで、車を乗るひとも多いと思います。その時、乗るたび、タイヤの状態を確認をしていますか?大抵の方は、していませんね。タイヤは、四つちゃんと、ついてればいいやと思っています。なんて、言ってる場合ではないことが分かったと思います。

タイヤは、非常に大切なのが、わかりましたね。命がかかっています。そして、法令で定められているので、守ってくださいね。常日ごろ、車に乗る前に確認する、を心がけ、安心して楽しいカーライフを過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット