スタッドレスタイヤで冬マイカーの冬支度!スタッドレス?

スポンサーリンク

日々、だんだんと寒さを感じるようになってきましたね。私たちは、寒くなれば、住処は暖房します。着るものも衣替えをし、冷えないような着物にします。そうしながら、カゼなどの病気から身を守ることが出来ます。では、愛車はどうでしょう?暖房は出来ますね。車自体の衣替え。聞いたことないですか?そう、走行時、スタート、ストップ、左右に曲がる時、まず一番に大切なものは?タイヤ!タイヤの衣替え、しましょう。スタッドレスタイヤ!

タイヤの衣替えスタッドレスタイヤって何?

タイヤの接地面側に、びょう(スタッド)が無い(レス)タイヤということで、スタッドレス。

以前は、びょうがあるタイヤをスパイクタイヤといって、主流でした。このびょうにより道路が傷つけられたり、粉じんが発生し、環境的にも影響をうけ、今では、使用されなくなりました。

一般のタイヤとどう違うの?

一番の違いは、ゴム質です。スタッドレスタイヤのゴムは、低温域でもしなやかさを保つことが出来る性質があります。そう、過酷な冬道でも性能が発揮できます。

さらに、スリップの原因となる氷結した道路上の水膜を取り除く対策をしています。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤへの交換タイミングはいつ?

道路が凍結し始めた。雪が降った。という前、なかなか、交換タイミングは、難しい。自然とのお付き合いなので、遅いよりは、出来れば、早いことに、こしたことはないと思います。安心・安全のために。

凍結した道路はなぜすべる?

「すべる」原因は、凍結した路面の氷の上にできた水膜なのです。なので、0℃以下の低い状況であれば、氷は、溶けにくく、すべりにくくなります。反対に、温度が上がれば、この説明の逆となり、すべりやすくなります。

すべる他の要因

温度が低くなると、氷は溶けにくくなりますが、ゴムは、低温になると硬くなります。結果、すべりやすくなります。ゴムの表面は、凹凸があります。ゴムのやわらかさで、路面に密着し、接地面積が多くなりすべりにくくなっています。しかし、低温になったとき、ゴムは、硬くなり路面に密着しにくくなり、接地面積が少なくなり「すべり」となります。

まとめ

車のタイヤ、奥が深いでしょ。タイヤは、車を安全に動かす多たくさんの中の部品のひとつですが、一番、重要な部品です。ゴムという性質上、暑さ寒さで性格が変わり、それによって安全性が脅かされてしまいます。命がかかってる部品と言っても過言ではありません。日々の点検を心がけ、早め早めの対応をしたいものです。

以上、いかがだったでしょうか?ちょっとでも、タイヤって、大切なんだと感じられたら幸いです。それでは、楽しいカーライフをお楽しみください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット