電気自動車とは、気になる話題のいまどき、そしていつ買う?

ますます、「自動車」という呼び方が、時代とともに、環境問題、エネルギー問題、さまざま分野の問題が表面化し、変わってきましたね。まず、エコカー、なんとなく古さを感じる響きがします。ハイブリッドカー、言うまでもなく、現在の主流。さらには、プラグインハイブリッドカー、これは、ハイブリッドカーのバッテリー容量をふやし、より電気自動車に近いものとしてます。次に、究極の電気自動車です。その「電気自動車」ですが、みなさんは、どれだけご存知ですか?というわけで、これから、主流となっていきます「電気自動車」について、ご紹介いたします。

電気自動車とは

電気自動車とは、単純明快に、モーターで動く車です。電気自動車には、燃料を必要とするエンジンは、ありません。エンジンの代わりとなるものが、そう、モーターなのです。このモーターでタイヤを回し、燃料の代わりにバッテリーという、解りやすく言うと、電池です。この電池でモーターを回します。そして、それらをコントローラーという制御装置の三つでなりたっています。つまり、昔、図工で作った方もいらっしゃると思いますが、電池、モーターで動く車です。電気自動車は、最近、注目を集めています。なぜでしょう。

現在、主流の車は

現在、最も多いのが、ガソリンを燃料としたエンジン。ほかには、軽油を燃料とするディーゼルエンジン。ガソリンエンジンとモーターを併用したハイブリッドです。

電気自動車は最近なぜ注目されはじめてきたの

それは、メリットがたくさんあるからです。

税金が安い。

自動車取得税・重量税が無料となり、10万円ほど免除されます。翌年の自動車税も減額されます。電気自動車は、もともと、自動車税が安いのです。自動車税とは、その車毎の排気量で決まります。電気自動車は、モーターなので、排気量「0」だからです。

補助金がもらえます

国の補助金で「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」といいます。また、ほかにも、各都道府県でも同様の補助金制度を設けている場合があり、二重で補助金を受け取れます。

経済性が優れている

当然、電気自動車は、ガソリンを使いませんので、とても、経済性に優れてるということです。費用は、バッテリーを充電させるための電気代だけです。さらに、電気は、深夜には、使用量が減るので、電気料金が割安となり、この間に充電することにより、さらにメリットとなります。

以上が、お金にかかわるメリットで、これからご紹介しますのが、「電気自動車」自体の特徴、メリットです。

騒音・振動が少ない

駆動力がモーターなので、静かで振動も少ないです。ガソリンエンジンは、ピストン運動のため、振動や騒音がかなり大きいです。

加速性能が高い

ガソリンエンジン車と電気自動車での比較で、一番の特徴の違いが「加速力」です。

それは、駆動力の源のモーターとエンジンの差です。自動車が、加速し、車体を動かす力を「トルク」といいます。エンジン車が最大のトルクを発生するには、エンジンの回転数を一定の数値をこえなければなりません。時間がかかるということです。言い換えれば、エンジン車は、いきなり最大トルクをだせないということです。しかし、モーターは、最初から最大トルクがでるということです。

以上が、「電気自動車」自体のメリットです。

それでは、最後のメリットです。

環境にやさしいこと

当然ですが、電気自動車は、モーターなので、排気ガスを出しません。エンジン車は、ガソリンを燃焼するので、二酸化炭素を排気します。

以上でメリットの紹介は、終わります。が、デメリットの部分についても、ご紹介したと思います。

車両本体価格が高い

充電スタンドが少ない

電気自動車の普及の妨げになっています。

充電に時間がかかる

急速充電でも、30~40分。フル充電、8~16時間。

航続距離が短い

フル充電(8~16時間)で、240km程度。(車種によりバラツキがあります)。急速充電では、フル充電の80%ということで、190km程度。

まとめ

注目度は、高いですが、メリットは多いのですが、デメリットもありますが、「電気自動車」に乗り換えられたらいいですね。経済性と環境にやさしい電気自動車でした。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット