槙原敬之が覚せい剤所持容疑で逮捕!またか、いつどこで?

スポンサーリンク



2020年2月13日、衝撃なニュースが飛び込んだ。歌手・槙原敬之(50)が、またか?覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いにより、警視庁に逮捕されました。槙原容疑者は、1999年8月にも覚せい剤取締法違反で逮捕されています。またか?

スポンサーリンク



槙原敬之が覚せい剤所持容疑で逮捕!いつどこで?

警視庁組織犯罪対策5課によると、

2020年2月13日(木)午後4時45分頃

槙原敬之の自宅がある東京・渋谷区神宮前で逮捕しました

逮捕容疑となっているいるのは、

2年前の2018年3月30日に当時、自宅だった

東京・港区海岸のマンションの一室において、

覚せい剤0.083グラムをや危険ドラックと呼ばれるRUSH(ラッシュ)を

約64.2ミリリットル所持していたという疑いです。

2018年4月に所属事務所の当時の元代表を

覚せい剤所持などの容疑で逮捕。

関係先として、槙原敬之容疑者の自宅を家宅捜索したところ

覚せい剤などを発見したという。

当時、槙原敬之容疑者は、不在だったため、

慎重に捜査を進めていたと言います。

同じ年の3月に同じ場所において、指定薬物・亜硝酸イソブチル

を所持していた疑い。

これは、ラブ・ドラッグと呼ばれ、

2007年に、医薬品医療機器法(旧薬事法)で指定薬物になっています。

2014年、改正により、個人での所持や使用なども違法となりました。

2015年には、関税法改正で個人輸入においても違法となりました。

槙原敬之が覚せい剤所持容疑で1999年逮捕されている!

槙原容疑者は、1999年8月、覚せい剤取締法違反で逮捕されています。

そのときの判決は、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪を受けました。

この判決後には、本人自ら、マスコミ各社にファクスを送信しています。

「今後は、絶対にこのようなことを起こさないことを、堅くお約束します。」

翌年2000年には、復帰アルバムを発表しました。

それから、21年の月日が経過し、2度目の逮捕となります。

槙原敬之プロフィール

槙原敬之(まきはら のりゆき) 本名:槙原範之

1969年5月18日生まれ、50歳、大坂府高槻市出身。

1990年10月、デビュー。

「NG」(シングル)と「君が笑うとき胸が痛まないように」(アルバム)

1991年、「どんなときも」(3枚目のシングル)が大ヒット。

2003年、「世界に一つだけの花」が人気アイドルグループのSMAP

に提供し、またまた大ヒット。

昨年の2019年は、デビュー「30周年」

2020年3月4日、「Bespoke」(アルバム)をリリース予定。

2020年夏には、「オールタイムベスト」をリリース予定。

秋冬には、ツアーを行うことを告知していました。

槙原敬之が覚せい剤所持容疑で逮捕!またか、いつどこで?のまとめ

驚きのニュースでしたね。

やはり、再犯してしまうものなのですね。

それも、今回の槙原容疑種の場合、一度目の逮捕から

21年も経過したのに、ですよ。

このところ

芸能界において、あいつぐ復帰が報道されていますね。

俳優、女優、歌手・・・

この方たちは、何十年も前から、関わっていたというではないですか。

なのに、逮捕されてから一年経つか経たないかで

芸能界に復帰していきます。

なんとも・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット