小倉優子速いスピード再婚!真実を追求気になる相手はあの人?

スポンサーリンク

小倉優子(35)さん、ご存知?あの「コリン星」のひとです。(ちょっと古いかな)その優子さんが、なんと、12月25日のクリスマスの日に「入籍」したとの報告が、本人のブログで発信されました。ついこの間、離婚したばかりと思ってましたが。このスピード再婚の相手を探ってみましょう。

[ad#co-1]

小倉優子離婚

小倉優子さんは、2017年3月3日に離婚。原因は、2016年8月の週刊誌の「夫の不倫&キャバ

クラ通い」というスクープ報道です。いわゆるよくある「夫の不倫」ですが、いろいろと不幸

が重なっています。夫が不倫している時、小倉優子さんは次男の妊娠中でした。さらに、夫が

浮気してた相手が、なんと、小倉優子さんと同じ事務所に所属しているタレントの馬越幸子さ

んだったのである。ひどい、耐えられない状況ですね。夫の不倫発覚後、子供のためにと離婚

をとどまった二人は、何度かやり直す方向で、話し合いをしてましたが、「別居」へ。別居中

にも、この夫は、キャバクラに通っているのを、また、週刊誌に報道されます。夫自身も、一

般人ではなく、カリスマと呼ばれる美容師で、とてももてたらしく、バツイチで、その時の離

婚理由も「浮気」。浮気癖があるどうしようもない人のようです。

小倉優子一回目の結婚出会いとプロポーズ

出会いは、共通の友人を通じて知り合いました。3年間、交際をして結婚しました。小倉優子

さんは、2度プロポーズされているようで、一回目は、彼の方から、プロポースをしたのです

が、優子さんは、その時、普通すぎると言って、一旦指輪を返したといいます。そして、2回

目は、結婚1年前に、彼がサプライズで買ってきたケーキに指輪が入っていて、喜んでお願い

しますって言って、ハート型の指輪が、結婚するときは欲しかったといいます。その時の優子

さんの言葉、彼は、本当にやさしくて、私のことをすべて包んでくれる優しさのかたまりって

感じです。と言ってます。ちなみに、この指輪は、2カラットのダイヤです。

スポンサーリンク

小倉優子現在

今現在、タレント業をしています。離婚後、子供は、自分が守ります。と宣言して、積極的に

バラエティー番組などの仕事をこなしてましたね。「離婚」というネタで、よくいじられて、

ニコニコしながら頑張ってましたね。ハワイの別荘を売却して、子供たちの教育費に充ててる

ようです。

小倉優子気になる相手との出会い

またまた、知人の紹介が出会のキッカケです。ママ友らしいです。気になる相手は、一般人で

40代の歯医者さん。今年2018年6月から交際をしました。よくよく調べると、出逢った

場所が、ママ友たちの「合コン」ということで、どちらも、お酒がはいっていたのでしょう

か。そこで、知り合ったようですね。優子さんの所属する事務所関係者のお話によると、優子

さんは、彼のことを、今までにあったこともないような真面目な人で、誠実な人柄にひかれた

とのことです。

[ad#co-2]

小倉優子スピードのわけ

小倉優子さん、ブログ内では自身が語っていないので、いろいろと調べた内容でお話ししま

す。気になるお相手は、歯科医でそれなりの収入があり、40代で結婚の経験もなく、子供にや

さしく、ふたりの子供がなついているということが、優子さんの気持ちを動かせた最大の理由

だと言います。

まとめ

普通、一般的に、知り合ってから、たった6ヶ月での再婚を決心した小倉優子さん。さらに、

幼い二人のお子さんがいます。このような状況で、一般論ですが、このスピードでの決断は、

早すぎると思いますよ。さらに、二人が出逢ったキッカケの場所、ママ友、「合コン」、とい

う、チョット、気になります。というか、なにか引っかかります。お酒があるところなので。

気になる相手は、歯科医、結婚歴なしの独身、まじめ、一方、優子さんは、離婚して、慰謝料

なしの、子供二人の親権を持ち、「子供は、自分が守ります」の意地を持っての子育て中。大

変、忙しく、苦しい状況だと思います。たった一人で、6歳と2歳のふたりの男の子を世話する

大変さを、気になる相手は、今後の生活を考えて、結婚したんだろうか。気になる相手の親御

さんは、独身の息子に、突然、ふたりの子供が出来たことをどう感じているのだろうか。余計

な心配といわれれば、それまでかもしれないですが。でも・・・小倉優子さんには、にがく苦

しい離婚経験もあり、まだ、その苦しさがまだ、癒えていない今、ついつい、ということはな

いと思いますが。ふたりにいいタイミングだったのかな。こんどは、ぜひ、幸せになっていた

だい。気になる相手ですが。ひそかに、応援していきたいと思っています。お幸せに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット