車のエンジンがかからない冬、多発!、そうならないためには?

スポンサーリンク

このところ、朝夕にかかわらず、日中も寒さを感じるようになりましたね。当然ですが、外気にさらさられている車も、寒がっています。そこで、この冬場の低温が、車には、よくありません。注意してくださいね。まず、車にあるゴムでてきている部分です。ゴムは、温度が低くなると、硬くなる性質があります。一番先に目につくのがタイヤですね。接地面が硬くなり、スリップしやすくなります。あと、ワイパーブレード。フロントガラスとの密着しにくくなりビビリ音発生や水もふき取りにくくなり、視界が悪くなります。などなど、トラブルにつながりやすくなります。その中でも、エンジンがかからないとなったら、一大事ですよね。なぜ、寒くなったら、そんなことがおこりやすくなるのでしょうか。そうならないためには、どうしたらいいのでしょう。一緒に考えてみましょう。

一番の原因、バッテリー

バッテリーとは?エンジンをかけるには、燃料と電気が必要です。その電気は、簡単に表現すると、電池です。さらに説明すると「充電ができる電池」。このバッテリーの中には、希硫酸というバッテリー液がはいっており、この液の特性として、低温では、性能が下がる傾向にあるので、気温が下がる冬場に発生しやすくなるということです。車の使用方法にも左右されます。後程、ご説明いたします。

エンジンがかからない!その要因は?

バッテリー自体が古いことです。今、乗ってる車のバッテリーは、何年または何キロですか?まずは、どれだけ使用しているのか確認をしておきたいですね。バッテリーの寿命は、普通、2、3年というところだと思いますが、車の使用頻度によっては、この年数を前後します。長期間乗らないとかです。

車のバッテリーは、走行中では、充電をし、エンジンが停止しているときは、放電をします。

次に、「バッテリー上がり」です。ライト類(ヘッドライト・スモールライト・室内灯など)の消し忘れ。夜間ですと、気が付きやすいのですが、日中、運転時、ライトを点けて走行した場合など、消し忘れて、エンジンを切った後、バッテリーの電気が消耗してしまいます。消耗しすぎると、エンジンをかけるための電気のパワーがなくなり、エンジンがかからなくなります。これを「バッテリー上がり」といいます。

スポンサーリンク

バッテリー上がりにならいためには

バッテリー上がりの発生要因の知識と、常日ごろのメンテンスではないでしょうか。バッテリー役割の重要性と寿命があるということを認識していただきたいと思います。

エンジンがかからなくなる要因としては、バッテリー以外にもあることも知っていると、良いと思います。原因は、バッテリーだ、と決めつけることなく、すぐに対処できると思いますので、これから、ご紹介いたします。

エンジンがかからないバッテリー以外の要因は?

ガソリンがない。意外と、多いのですよ。ただ、エンジンをかけようとするスターターモーターという部品がありますが、ガソリンが無い場合だと、このモーターは、勢いよく動作し音がでるので、バッテリーでは、ないと判断できますね。

次に、スターターモーターの故障。これだと、音が全くしないので、バッテリーがない症状と同じなため、判断はむずかしいです。

そして、燃料ポンプの故障。こちらの部品の場合も、上記同様で、判断がむずかしいと思います。しかし、常日ごろ、バッテリーをンテナンスしていれば、原因は、スターターモーターか燃料ポンプかという判断ができると思いますが、それから先の対応は、車屋さんにお願いしましょう。

まとめ

バッテリーは、車にとって、非常に重要なものということが、理解できたかと思います。寿命もあります。「バッテリー上がり」を経験した私は、あの瞬間のことを思い出すと、このバッテリーの大切さが、身に染みて感じました。そうなっては遅いのです。想像してみてください。遠く遠くドライブに行って、駐車場に停車し、絶景を堪能したあと、エンジンがかからないことを。どうでしょう。このような、状況に、ひとりでも、ならないためにも、ぜひ、バッテリーのメンテナンスをお願いしますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット