ドライブレコーダー2019選ぶポイントは4つだけ!でも必要なの?

ドライブレコーダー、通称「ドラレコ」。テレビなどのニュースで、よく見かける機会が多くなりました。ほとんどの方が、見たり聞いたりしているのでは、ないでしょうか。でも、実際、車をもっている方は、ドラレコを取り付けているのでしょうか。ドライブレコーダーは必要か、選ぶポイントを調べてみました。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーは必要か、搭載率15.3%

(ソニー損害保険2017.11発表カーライフの実態に関する調査結果より)

ドライブレコーダーは、前年、10.4%で、確実に上昇傾向にあります。

カーショップは、もとより、家電量販店などでも展示されているのが見かけるようになりまし

た。

ある程度知識がある方であれば、だれでも簡単に取り付けられ評判です。

次に、必要性となると個々まちまちの考えもあり、ひとつの保険と考えられています。

ドライブレコーダーは、事故防止ではなく、事故が発生したときに役に立つという認識です。

では、次に、そもそも、ドイブレコーダーとは、どのようなものなのか、というご説明をさせ

ていただきます。

ドライブレコーダーとは?

車の事故時や急ブレーキなどで、車自体に衝撃があった場合、その時の前後の映像・音声を自動的に記録する装置です。

なお、常時録画する装置もあります。現在、業務用と自家用の二種類があります。

業務用は、トラック、タクシーです。事故時の前後の画像・音声に加え、加速度、速度、ブレーキ動作、ウィンカー動作など細かな記録をします。

自家用は、その点、事故時の画像と音声のみなので、業務用と比べ、価格が低く設定されています。前記でご説明しましたが、まだ、普及率も低めなので、価格は高めとなっています。

ドライブレコーダーは必要か、選ぶポイントは「4つ!」

最低ラインを教えます。

ドライブレコーダーにモニターが付いていること。

ドライブレコーダーを自分で取り付ける際、モニターがあると画像を見ながらベストの位置に

調整して取り付けられます。

そして、録画した画像をその場ですぐ確認することが出来ますね。

画素数「200万画素」以上、解像度「1920×1080」(フルHDといいます)

ドライブレコーダーを搭載する理由が、事故時に、ということなので、証拠となるように、ナンバープレートが読み取れる画質です。

水平画角「108度」以上

撮影する視野角が広いことで、正面、左右、さまざまな角度から撮影できるからです。

 F値の数字が小さい」ものが夜間の暗い時の撮影に強い!

⑤さらには、HDR(ハイダナミックレンジ)WDR(ワイドダイナミックレンジ)があるもの。明

るさを自動調整し明暗差を鮮明にします。

以上、4点は、絶対条件(最低ライン)です。さらにほかの機能をプラスとなると、それなりに、価格もプラスになります。現在、ほとんどのドライブレコーダーは、前方のみの録画です。これでは、後方からあおられたらという不安もありますね。

ご心配なさらず、大丈夫ですよ。次に、ご説明します。

最終的には、あなたのおサイフの中身との相談ということになります。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーは必要か、さらに安心(+)、欲張るドライブレコーダーとは?

前後撮影ができる(2カメラ)

なんと、前後撮影ができるものが登場しています。これだと、後ろからの追突とか、あおられたりとかでも、大丈夫ですね。これからと考えている方は、絶対です。現在、このタイプは、人気、急上昇中です。

駐車監視機能付

これは、自分の車が停車状態(駐車場など)のとき、相手側が当たってきた時に、録画する機能です。これには、3タイプあります。

1.動体を感知したとき、録画を開始。

2.衝撃を感知したとき、録画を開始。

3.常に録画状態で、衝撃を感知した時、その前後の動画を保存する。

出来れば、ここまでの機能を持ったドライブレコーダー必要でベストではないでしょうか。

記録映像が簡単に確認できること(micrSDカード)

一般的なドライブレコーダーの録画方法は、「microSDHC」「microSDXC(microSD)」の

2つです。

録画映像を確認するには、このmicroSDカードを車に取り付けてあるドライブレコーダーから

取り外してパソコンで確認しなければならない、とても面倒で手間がかかりますね。

でも、最新機では、なんと「Wi-Hi」が搭載されている製品が出没しています。

スマホやタブレットで簡単にあっと言う間に確認が出来ますよ。

「イベント記録」ができる

車が走行中に大きな衝撃を受けたり、急ハンドル・急ブレーキなどが発生した場合にドライブレコーダーがそれを感知して自動で上書き禁止のデータとして録画します。すばらしい!

GPS付き

録画の内容のほか「日時」「場所」などの情報が特定できます。

ドライブレコーダーは必要か、選ぶポイントのまとめ

現在、たくさんのドライブレコーダーが存在しています。国産以外の製品もいれると数え切れ

ず、当然、選ぶことに時間を要し、決定できないのが、現状でしょう。でも、最初から、肩肘

はらずに、気軽な感覚で「無いよりは、あった方がいい」という考えで、「選ぶポイント

①②③④」は、必須。それで、予算に余裕があったら、プラス前後撮影タイプ、駐車監視機能付

タイプ、さらに+を検討なさっていっては、いかがでしょう。今後、ドライブレコーダーは、

必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット