土浦花火大会事故再発でまた中止に!2年連続大会中止?

スポンサーリンク

2019年10月26日(土)土浦全国花火競技会が開催されましたが、事故発生により中止となりました。昨年にも同様の事故があり中止となっています。どのような事故内容だったのか、被害状況などを詳しく調べました。

事故発生の場所と天気と状況

2019年10月26日(土)時間は、午後6時40分頃、事故の発生場所は、土浦市の桜川が流れる河

川敷。

花火会場の近くの国道6号側の付近にいた見物客の近くに、

一部の花火が不発のまま落下し爆発する事故が発生しました。

当時の打ち上げ場所の天気は、打ち上げの会場付近はほぼ無風だったと言います。

土浦市によると、花火大会はいったん中断しましたが

7時過ぎ再開しましたが、また、一部の花火が立ち入り禁止区域に落下

するなどしたために、大会本部は安全確認をするため2度にわたり

中断をしました。

そのため、大会スケジュールが大幅に1時間ほど遅れる事態に。

大会本部は、打ち上げプログラムの3分の2を消化した時点の

午後8時半過ぎに終了とし、中止発表しました。

被害状況

土浦市の大会本部によると、爆発した火の粉で男性(43)が右小指に軽いやけどを負い

女性(44)は耳鳴りを訴えました。救護所で手当てを受けました。

女性(43)と男児(6)の服が焦げた被害も。

スポンサーリンク

事故原因

土浦署が現在、詳しい状況を調べているそうです。

しかし、花火打ち上げ橋よの桜川の河川敷に問題はなかったのかな、と思います。

最近では、台風19号の影響がまだ残っている中で、10月25日には、台風21号の影響を受け

大雨が降った場所です。

桜川は、この時点で、川の水位が上昇していて一時、氾濫危険水位に達していました。

打ち上げ場所は、ぬかるんでいたはずです。

事故ふたたび

土浦花火大会は、昨年2018年10月でも風に流された花火が地上付近で爆発し、

見物客11人が顔や背中に軽傷を追い途中中止となりました。

当時の事故状況は、スターマインの4号玉が打ち上げられた場所から北の方向に

約200メートル離れた土手に落下、大会は事故発生の約1時間後中止となっています。

土浦市によると、今年の4月、この事故の最終報告では、

「打ち上げの筒が傾いていた可能性がある」とのことで

今回においては、打ち上げの筒の傾きを地是に水兵器を使用して確認したり

打ち上げ場所の変更や風速計の現場への設置

というような安全対策を強化していました。

大会委員長の土浦市市長の中川清氏は、「安全安心を優先して

交通規制など考慮して終了と下。観客の皆さんにはプログラムを

全て終えられず申し訳ない」と陳謝しました。

引用:茨城新聞

土浦花火大会事故再発でまた中止に!のまとめ

残念です。

またしても、起こってはならない事故が発生してしまいました。

2年連続の事故発生と中止。

安全対策を強化したと言いますが・・

「土浦全国花火競技大会」は、日本三大大会の一つなんですが、残念の一言です。

事故原因は、現在、調査とのことですが

昨年は、風で、今年は、雨による土壌のぬかるみが原因かと思われます。

怪我人がでないようしっかりと安全安心に力をいれていただきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット