リレーアタック対策グッズ缶!スマートキー車の盗難が増加中?

リレーアタックの対策グッズは、缶で対策。対象は、スマートキーの車です。何のための対策なのというあなた、愛車が盗難されないよう、リレーアタック対策グッズは缶でしましょう。その前に、リレーアタックとかスマートキーとか、理解してますか?そういう方に説明します。

スポンサーリンク

盗難車の背景

警視庁の公表によると、2017年内の自動車盗難件数は、10,213件ありました。過去をさか

のぼると、2016年11,655件、2015年13,821件と減少傾向にあるものの、年間1万件を超

える被害が発生しています。

ちなみに、県別ワースト5は、1位茨城1,397件、2位大阪1,393件、3位千葉1,178件、4位愛

知1,127件5位埼玉758件。

スマートキーとは?キーレスキーは違う!

ここで、間違わないでくださいね。「キーレスキー」と「スマートキー」は、機能が違いま

す。

「キーレスキー」は、テレビのリモコンのように、キーに付いているボタンを押して、

ドアの施錠解錠をします。エンジンをかける時は、そのキーを差し込んで回しながらかけま

す。

「スマートキー」は、キーを手に持たずに、ポケットやバックにいれた状態で、ドアノ

ブに手を近づけたり、ドアノブを引いたりするだけで、ドアの解錠ができます。施錠は、ス

マートキーに付いてるボタンを押すか、ドアノブにあるボタンを押しことで出来ます。エン

ジンをかける時は、エンジンスタートボタンを押してかけるだけです。こちらのスマートキー

が、今回のリレーアタックの対象となるキーです。

とても便利になりましたよね。違いを理解いただけたでしょうか?では、次に、この「スマー

トキー」について、そのあとは、リレーアタック対策グッズについて説明をして行きましょ

う。

スマートキーの呼び名がメーカーごと違う

自動車のキーは、スマートキー以前は、お家のドアのキーと同じようなハードキーでした。

主な役割は、ドア、トランクそして、エンジンの始動です。時代とともに盗難防止対策も変

化していき、このハードキーからスマートキーへと進歩。2000年ごろから普及し始め、

2010年頃の新車からは、ほぼ、スマートキー対応なっています。(リレーアタック対象)

そのスマートキーとは、正式には、スマートエントリーシステムといいます。これを、一般的に、スマートキーとよんでいます。(リレーアタック対象)

また、この名称は、自動車メーカーごとに違うのです。利用する側からみるととてもややこしくなります。

たとえば、

・トヨタ「スマートエントリー&スタートシステム」

・日産「インテリジェントキーシステム」

・ホンダ「Hondaスマートキーシステム」

・マツダ「アドバンスキーレスエントリー&スタートシステム」

・三菱「キーレスオペレーションシステム」

・スバル「キーレスアクセスシステム」

・スズキ「キーレススタートシステム」

・ダイハツ「キーフリーシステム」

という具合です。ここで要注意していただきたいのが、前記しましたスマートキーとは違う

「キーレスキー」の説明をしましたが、いま、挙げたマツダ・三菱・スバル・スズキは、名称

の中に「キーレス」とありますが、キーレスキーではなく、スマートキーのことですよ。

スマートキーの仕組み(リレーアタック対象)

スマートキーと自動車側の両方に、お互いの電波を送信・受信する送受信機があります。

この電波は、高度に暗号化され固有の情報をやりとりしており、自動車側とスマートキーを一

致させています。

それで、ほかの車のスマートキーで、自分の車のドアの解錠やエンジンが掛かってしまうとい

うことは、ありえないのです。

現在、ほとんどが、自動車側→スマートキーに発信する電波は、長波のLH(30~300kHz)。

スマートキー→自動車側へ発信する電波は、極超短波のUHF(0.3~3Ghz)となっています。

この極超短波のUHF帯の電波は、アンテナをとても小さくできるので、スマートキー用としい

るわけです。リレーアタックは、この電波を利用してます。

また、スマートキーを車内に置き忘れた場合などに、スマートキーが、車内か車外かの判別す

るために、自動車側の送信機に、電界強度を細かく調整可能なLH帯の周波数を使用しいます。

スマートキーの電波が届く距離は、せいぜい3mほどです。それ以上距離があると、自動車側

は、所有者が近くにいないと判断します。

そして、最後に、スマートキーには、電池が入っていて、常時、電波を送信しています。

リレーアタック対策グッズのリレーアタックとは

前記しましたスマートキーは、常時、電波を送信しています。その電波を第三者が専用の受

信機で受信し、その電波を次の人に送信し(リレー)、その人が、送られてきた電波で、車の

ドアを解錠(アタック)する。という一連の流れのことです。

ドアが開けられれば、エンジンスタートボタンを押すだけで、盗めます。リレーアタック対策

グッズで防止しましょう。

スポンサーリンク

リレーアタック犯行の手口

この流れをわかりやすく

犯行を実行するには、最低2人が必要。

1.(犯人一人目)駐車場などで、車から降りた人が、スマートキーで施錠するのを確認。

2.(犯人一人目)その人に接近しながら、電波を受信する装置で受信し、次の人に電波を送信。

3.(犯人二人目)専用の受信機で、送られてきた電波を受信し、その電波で、No1の駐車した

車に送信してドアを解錠。エンジン始動。完了。

どうですか。あまりにも簡単にできてしまうのに、驚きます。いままで、自動車の盗難防止

のために、メーカーがその都度いろいろ防止策を実施してきて、このスマートキーが一番!

と思っていましたが、なのに一番危険とは・・・。

現状では、メーカー側での最新対策が、この「スマートキー」なので、まずは、早めの防止策

として自己防衛策のリレーアタック対策グッズをこれから紹介していきます。

リレーアタック対策グッズ。対策品や対処法はある?保管場所にも注目!

スマートキーは、常時、電波を送信しています。ので、電池を外して・・・いちいちそのようなマメにする方がいますか?現実的でないですね。では、落ち着いて、次の策へ。常に電波を送信しているから、その電波を遮断する方法をご紹介いたします。

1.リレーアタック対策グッズ(外出編)

①先ほど説明しましたように、犯人は、あなたを観察しています。車から降りた時に、あたりを見回すのも防止のための一つです。犯人は、スマートキーの電波の受信用の受信機を持っているので、普通のビジネスバッグほどの大きさの機材を持っています。確認しましょう。車から離れたあなたを後から近づいてくる人に注意しましょう。後をついてきて、電波を受信するためです。

②スマートキーをアルミホイールで巻いて持ち歩く。

③リレー対策グッズ「電波遮断ポーチ」(防止ケース)を利用する。

2.リレーアタック対策グッズは缶(自宅編)

自宅でスマートキーを保管する場所を、なにかの空き缶を利用して、その中に保管します。一番簡単です。

自宅にスマートキーをそままにしておくと、専用の受信機で、受信される可能性がありますので注意が必要です。

3.リレーアタック対策グッズをさらに追加する、ハンドルロック

上記対策のNo1、No2も面倒くさい、という人には、現時点で、一番確実性が高い防止策

は、「ハンドルロック」です。犯人がこれを見た瞬間にも、あきらめるアピール度は高いで

す。外から車内を除いてハンドルロックがしてあったら、ドアを開ける行為自体も、あきら

める可能性は高いです。また、実際に、ドアを開けられ、エンジン始動できたとしも、すぐ

には、ハンドルロックを解除できないはずなので、やはり、あきらめるでしょう。

リレーアタック対策グッズ備えあれば憂いなし!自動車保険は盗難補償のあるものを

最後の最後は、自動車保険です。万が一の場合を考えて、「盗難補償」がついてるかどうかの確認は、必要です。ぜひ、見直してみてください。

リレーアタック対策グッズ缶!スマートキー車の盗難が増加中?まとめ

あたらしい手口の犯罪です。気を付けましょう。この手の犯罪は、単独で行われないので、

対策防止策が、とても難しいと思います。よく言われますが、自動車盗難は、グループでの

犯行が多いので、ひとつ、二つの対策では、効き目がありません。とても便利なスマートキ

ーが、こんなにも危険だということを、知っただけでも、防犯への対策は、進むと信じてい

ます。今回の情報で、ちょっとでも、皆さんのお役にたてれば、幸いです。それでは、楽し

いカーライフを安心してお過ごしください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする