第4のチョコと呼ばれ話題沸騰中!ルビーチョコレートとは?

スポンサーリンク



刻一刻と、2月14日(木)のバレンタイデーが近づいてきますね。今年は、どんなチョコにしようかな?と迷っている方も多いのではないでしょうか。そこで、最新のチョコ情報をチョコっと、教えますね。それは、第4のチョコとよばれる「ルビーチョコレート」です。

[ad#co-1]

スポンサーリンク



なぜ第4のチョコと呼ばれるルビーチョコレートとは

「ルビーチョコレート」は、チョコレート業界では、およそ80年ぶりとなる新商品なのです。

これまで、チョコレートと呼ばれてきたものは、「ビター」「ミルク」「ホワイト」の3種類でした。どれも馴染み深いですね。ここに、「ルビー」が加わったということで、第4番目のチョコと呼ばれることになりました。

気になるのが、いままで、聞いたことがないように思えるのは、なぜなのか?

調べてみると、すでに2017年9月にネスレ社から発売されていたようです。

そのネスレ社は、1年間独占販売の契約を持っていたようで、

一般的にお目にかかれなかったみたいです。

そして、今年2019年には、その契約も切れて、

一般に使用できるようになったということで

一気に爆発しそうな予感がするそうです。

そもそも第4のチョコと呼ばれるルビーチョコレートとは

「ルビーチョコレート」の故郷は、スイスになります。スイスのチョコレート製造メーカー「BARRY CALLBAUT」社が、13年もの時間と年月を重ね、開発しました。

「ルビーカカオ豆」から品種改良したカカオから作ったものです。

この「ルビーチョコレート」の特徴は、なんといって、このピンクの色合いでしょう。この色あいには、一切着色料を使っていません。ルビーカカオ豆そのもののピンク色を使用していますので、からだにも優しいです。特殊な製法で製造していてその製造方法は、企業秘密です。

第4のチョコと呼ばれるルビーチョコレートのお味は

「酸味がある」「フルーティー」「甘酸っぱい」「甘すぎない」という感じです。

味を、言葉で伝えるのは、むずかしいですね。

第4のチョコと呼ばれるルビーチョコレートのお値段は

通常のチョコレートよりは、ちよっと高めとなります。だいたい、1.3~1.4倍

高めとなります。

高めの理由は、その製法にあります。とても手間がかかっています。

でも、評判がよく、右肩上がりに売れていけば、値段がさがるので、期待が持てます。

ルビーチョコレートとは、第4のチョコでない?

実は、ルビーチョコレートを製造したBARRY CALLEBAUT社は、ルビーチョコレートを第4のチョコレートと表現していないのです。

第4のチョコとして、すでにフランスのヴァローナ社(チョコレート製造・販売会社)が開発した「ブロンドチョコレート」があるのです。

その名の通り、ブロンド色で、キャラメルの香ばしい風味のチョコレートです。

ただ、このブロンドチョコレートも開発したヴァローナ社も、第4のチョコレートと呼んではいないのです。

細かい話となりましたが、どちらの名前が有名になるのかが、第4のチョコレートとして一般の方々に認められるのか、今後の、成り行きを見ていきましょう

第4のチョコと呼ばれ話題沸騰中!ルビーチョコレートとは?

ルビーチョコレートが食べたくなりましたね。着色料や添加物を一切使用していないとのことで、体には良さそうに思いますが、どのような味がするのか、とても気になり興味を持つところです。誰か、くれないかなー。自分へのご褒美にしようかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット