ジャニー喜多川病名が判明!救急搬送後2週間も不明なのはなぜ?

ジャニー喜多川氏(87)が救急搬送されたのが6月18日でそれから2週間が経過する中、病名が判明しました。現在も入院中ということも明らかになりました。事務所からの発表と嵐の会見により事実が分かり始めました。今現在、ジャニー喜多川氏の様子を調べてみました。

スポンサーリンク

事務所発表内容

マスコミ各社へ向けて事務所がコメントを発表した全文。

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

先般より、弊社代表取締役社長ジャニー喜多川の体調に関する様々な報道がなされたことから、皆様にはご心配をおかけしておりました誠に申し訳ございません。

あらためまして、ジャニー喜多川につきまして、皆様にご報告がございます。

2019年6月18日午前11時30分頃、体調の異変を訴え、救急搬送されたことから、現在、入院しております。

病名は解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血でございます。

所属タレントたちは、ジャニーを元気づけたいという思いから、日々、病室を訪れておりますが、この面会が叶っておりますのも病院関係者の皆様のご尽力によるものと、心より感謝しております。

皆様にはご心配をおかけいたしまして誠に恐れ入りますが、今もジャニーは、必死に頑張っておりますので、治療に専念することを最優先とさせていただきたく、ご理解くださいますと幸甚に存じます。

なお、大変恐縮ではございますが、個別のお問い合わせ、取材につきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

また、決して、病院や一般の患者様、近隣の皆様のご迷惑となるような行為はお止めいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

2019年7月1日

株式会社ジャニーズ事務所

嵐が記者会見?

実は、嵐はこの日、CDデビュー20周年を記念した展示会の

「ARASHIEXHIBTION”JOURNEY”嵐を旅する展覧会」

のイベントを東京・港区で行われ、嵐がいたというわけです。

7月1日、事務所がコメントを発表した同日、「僕たちからご報告させていただきたいことが

あります。」と嵐の松本潤が切り出しました。

「6月18日に弊社の社長、ジャニー喜多川が救急近走されました。その報告を受けて、僕たち

は翌19日に5人でジャニーさんのもとにお見舞いに行きました。その後もそれぞれ時間がある

ときになるべくジャニーさんの病室に通っているような状態です」と現況を語りました。

なお、展示会は、東京地区は、7月11日~11月30日、大阪地区では、12月下旬~2020年3月下旬まで行う予定です。

くも膜下出血とは?

くも膜下出血は、脳を覆っているのを「くも膜」といい、軟膜の隙間の層をの動脈にできたこぶが破れ、そこから出血し広がる病気です。

また、解離性動脈瘤は、動脈の壁が避けてできたものです。

くも膜下出血、脳出血、脳こうそくを「脳卒中」といいます。このうちくも膜下出血は、「脳卒中」のおよそ1割程度です。

くも膜下出血の症状は、突然激しい頭痛と吐き気が起きます。出血量が少ない場合、軽い頭痛か風邪と勘違いし発見が遅れる場合があります。注意しましょう。

くも膜下出血を起こした芸能人としては、星野源が2度、手術をしてたり、「gloob」のボーカルのKEIKOが2011年10月に発症しています。

ジャニー喜多川緊急搬送し入院病名が判明!嵐も駆けつける?のまとめ

ジャニー喜多川氏、とても心配な状況のようですね。

ネット上では、誤情報が飛びかっており、どれが真実なのかわからない状態です。

救急搬送から、2週間も経過し、事務所からは何一つ情報が発信されなかったのはまずいと思

う。世間もいろいろと勘ぐって混乱を引き起こしてしまいます。

もっと早く公表は出来なかったのでしょうか?いままで調べてみましたが、

今回のコメントにおいても、その部分については、説明がありませんでした。

ジャニー喜多川氏の一日も早い回復をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット