鏡開きはいつ?2020年1月11日!なにをどうするのか

スポンサーリンク

2020年の鏡開きは基本的には1月11日です。地域によって多少違いもあるようです。この鏡開きの行事の意味とはなんでしょう。なぜ11日にやるのか、なぜ鏡餅を飾るのか、なにをどのようにするのか調べてみました。

鏡開きは2020年いつ?

2020年の「鏡開き」は、いつなのでしょうか。

しみじみと調べてみて、日本の年中行事のひとつである「鏡開き」の日が

関東と関西、地域ごとに少し違いがあることが分かりました。

なぜ違うのでしょう。

基本的には関東は1月11日で、関西は1月20日です。(毎年、同じの日です)

しかし、関東では、1月11日。関西では1月15日と20日。今日との一部地域では1月4日。

もとをたどっていくと、「松の内」というものが関係するらしい。

関東では、元をたどると、「松の内」は、1月15日までで、鏡開きは、1月20日でした。

江戸時代まで遡り、時の将軍徳川三代将軍の家光が4月20日に亡くなったという理由で

徳川幕府のおひざ元、関東では月命日となる20日の日を避けたことにより

1月11日が「鏡開き」となりました。

以上のように、鏡開きが関東においては、1月11日に変更することになりましたが、

全国的に広まらず、鏡開きの日が統一されず、地域によって多少違ったようです。

鏡開きの松の内とお正月飾りの関係

その「松の内」はなんぞや?

さらに突き詰めていくと、「松の内」とは、門松やしめ縄、破魔矢など

、これらをまとめて「正月飾り」とも言います。

この正月飾りを飾っておく期間と言うことが分かった。

関東は、1月7日まで、関西は、1月11日までなのですが

関東では、この「松の内」が1月15日までで、歳神様がいらっしゃる間に

鏡開きを行うのは失礼ではないかと言うことで

1月15日から1月7日に変更したのです。

で、「門松」とは、昔々からの伝えによると

新年のお正月に、門松を家の前に飾ることで、歳神様を向かいいれる行事、

また、門松が歳神様の目安になるとされています。

スポンサーリンク

お正月飾りを飾る日の理由

との理由で、門松などのお正月飾りは、「松の内の期間」(12月13日~1月7日)に飾ります。

お正月に飾ることが重要なので、「松の内の期間」~「歳が明けるまで」の間

とすると、前年12月の13日~12月31日となります。

そして、この条件を考慮して縁起の良い日を選ぶとなると、

12月28日がベストの良い日ということになります。

(28日は、幸運を意味する末広がりの「8」を含みます。29日の「9」は苦を連想います。

31日は、「一夜飾り」が葬儀を連想させ、神様に無礼)

そもそも鏡開きとはなに?

新年に歳神様を向かい入れたお正月の間、「松の内」まで宿っていると考えられています。

家にいる間、歳神様の居場所が「鏡餅なのです。

歳神様が帰られた後、飾っていた鏡餅には、魂が宿るとされ、

この鏡餅を下げて、食べることを「鏡開き」といいます。

食べることまでが、重要な意味をもちます。

その意味とは、無病息災を願うというものです。

鏡餅を食べる時の注意があります。

それは、「刃物」は使用しない事。

なぜ?

ひとつは、「切る」からイメージするのが切腹。

もひとつは、神様の魂が宿ったものを刃物で切るのは失礼となる。

この時期になると、この鏡餅は、とても固くなっていますね。

実際には、木槌などで叩いて割っていますよね。

この「割る」という言葉も縁起が悪いということで

末広がりを意味する「開く」という言葉にし「鏡開き」といわれるように

なりました。

最近では、鏡餅は、パック化され、簡単に食べられるようになりましたね。

鏡開きはいつ?2020年1月11日!なにをどうするのかのまとめ

2020年の鏡開きは、1月11日です。

鏡餅は、歳神様がいる場所で、「鏡開き」は、歳神様が帰られた後のその鏡餅を食べて

無病息災を願うということです。

毎年、何を思うこともなく、スーパーなどで鏡餅を買ってきて、

テレビの上に飾っています。

現代のテレビでは、無理?

そして、「鏡開き」の日に、パックをこじ開け、焼いて食べます。

お雑煮? お汁粉?

無病息災で良い年になりますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット