湿度の適正を知って元気な赤ちゃんを育てよう!四季別管理!

生まれたばかりの赤ちゃんは、春夏秋冬、それぞれの季節を体験するのが初めてのことになります。それぞれの季節での温度は判断しやすいのですが、湿度は判断しにくくどれくらいが適正なのでしょうか。赤ちゃんが快適に過ごせる適正な湿度を調べてみました。

 

赤ちゃんは、当然ですが、言葉がしゃべれませんね。

赤ちゃんは、暑いも寒いも感じてはいるものの、それを表現することが出来ません。

 

また、赤ちゃん自身での体温調整は、まだうまく出来ません。

赤ちゃんの身になって、快適に過ごせるような温湿度と湿度の調整方法について

説明していきます。

 

オムツかぶれ

湿疹

泣く

寝ない

 

赤ちゃんの快適温度 18~28℃

 

それでは、赤ちゃんに適正な湿度を春夏秋冬の季節ごとにご紹介します。

特に「新生時期」は、注意してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんに適正な温湿度「春」3~5月

温度・25℃ 湿度・40~60%

 

比較的、温湿度が安定している時期です。

3月前後は、寒暖差が激しいので、かぜに注意してください。

5月ごろになると、室温が上がる傾向になりますので

温度・湿度管理をして、こまめに赤ちゃんの服や寝具などで

調整をします。

それで調整が困難な場合は、室温の調整をエアコンや扇風機で行います。

エアコンや扇風機の風は、赤ちゃんに直接かけないようにしましょう。

梅雨の時期6月

温度・25℃ 湿度・40~60%

 

梅雨の時期は、雨の日が多くなるので、室温や特に湿度に注意が必要です。

湿度は、60%を越えないように調整します。

 

湿度が上がるこの時期は、カビやダニの繁殖に適した環境になります。

カビやダニは、アレルギーを引き起こすアレル物質となるので

この時期は、リスクが高まるので湿度管理や清潔にすること、

換気をマメに行います。

赤ちゃんに適正な温湿度「夏」7~9月

温度・26~28℃ 湿度・40~60%

 

大人の感覚でエアコンや扇風機を使用するのは、御法度!

温度、湿度とも下げ過ぎないようにします。

 

夏は、外気温との温度差に注意です。

外気と室内温度の差は、5℃以内にします。

急激な温度差は、体温調節が未熟な赤ちゃんにとって

かなりのダメージを受けます。

 

赤ちゃんも暑ければ、汗もかきますので、

肌着を着せて汗を吸収したりして、まめに確認し調整します。

時々、体の冷え具合を直接手で触れることも大切です。

あせもになりやすい時期ですからね。

乾燥に注意しましょう。

赤ちゃんに適正な温湿度「秋」10、11月

温度・22~25℃ 湿度・40~60%

 

温湿度調整には、服装で細かな調整をします。

秋も、比較的、温湿度が安定する時期です。

 

が、徐々に寒い季節に向かうので、急な冷え込みには注意です。

特に日が落ちて夜間になると、急激に気温が下がります。要注意!

 

室温が20℃以下にならないよう、暖房をしましょう。

同時に、赤ちゃんには、少し厚手のベビー服を着せたり調整します。

 

この時期になると、かぜやインフルエンザなどの感染症の流行となり始めます。

乾燥と冷え込みに注意し暖房や加湿に注意をします。

赤ちゃんに適正な温湿度「冬」12~2月

温度・20~23℃ 湿度・40~60%

 

とても寒くなる時期ですので、大人が寒いということで、

赤ちゃんにも着こませ過ぎないように注意してください。

 

重ね着してしまうと、赤ちゃんの温湿度が管理された部屋では、

逆に暑すぎてしまう場合があります。

赤ちゃんには、大人の服装に1枚少ないくらいが丁度です。

 

汗をかきすぎて脱水や熱中症になってしまう可能性があります。

乾燥や肌荒れに注意します。

 

乾燥対策では、加湿器よりも、濡れタオルを部屋内に掛ける方法があります。

一番、衛生的です。

 

加湿器にもさまざまな種類がありますが、基本的には、水を入れるタンク

内や機器の水がたまる部分にカビが発生する場合があり、そのカビが

 

空気中に飛散する場合もあるので、メンテナンスをしっかりし注意が

必要です。

 

湿度は、60%以上にならないように管理します。不快感が出てきます。

 

ときどき、赤ちゃんの体に直接触れて、体温を確認しましょう。

換気もしましよう。

湿度の適正を知って元気な赤ちゃんを育てよう!湿度の調整方法!

赤ちゃんの適正な湿度は、春夏秋冬で季節が変わりますが、一年間40~60%です。

湿度の管理を上手に保持しましよう。

 

湿度は、温度と違い、感じ方がひとそれぞれ違います。

赤ちゃんは、まだ、体温調節が未熟で上手に調節できません。

 

湿度に比べて、温度は、四季ごとに変動し、一定ではありません。

赤ちゃんの身になって、暑い、寒いを積極的に察知するようにしましよう。

 

温度調節には、エアコン使用するケースが多いと思います。

扇風機もありますね。冬場では、ファンストーブ。

 

注したいのは、風を直接、赤ちゃんに当たらないようにしましよう。

 

赤ちゃんの適正な湿度を知ったうえで、常に湿度がわかるように湿度計が必須です。

出来れば、温度と湿度が一緒に表示できるものがベストです。

 

適正な湿度と温度を保つことで、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
育児 赤ちゃん
t-muroをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wadai

コメント

タイトルとURLをコピーしました