湿度が適正だと美肌になる!絶対やるべき保湿ケア6か条

スポンサーリンク



湿度が適正だと美肌になるので、絶対にやるべき6か条を実行してくださいね。そのためには、ある程度肌の性質なども知識が無いと、ちゃんとやらないと思いますので、湿度と肌の関係と保湿ケアについてたくさん調べてまとめてみましたので、みていってください。

スポンサーリンク



肌の適正な湿度とは?

湿度は、60%(40~70%が推奨)と言われています。

湿度、いまくつ?

と聞かれましても、まるっきり判断つかないですよね。

温度ですと、なんとなく、暑い、寒い、普通ぐらいは、

判断できると思うのですが。

ですから、「湿度計」を用意してくださいね。

美肌の一歩は、ここからです!

肌が乾燥してくるとサインがでます。

「カサつき」や「かゆみ」などがでてきたら肌が乾燥しているということです。

悪化させないように、早めのケアをしましょう。

湿度と肌の関係

湿度と肌の関係を調べました。

湿度70%以上・・・カビが雑菌が発生しやすく繁殖が進む危険があります。

          (カビや雑菌は、肌荒れを引き起こす原因です)

湿度60%以下・・・肌は乾燥傾向になっていきます。

湿度40%台・・・・保湿ケアが不足している部分が乾燥を感じます。

湿度30%台・・・・どんな肌の状態でも乾燥を感じます。

湿度30%以下・・・皮膚トラブルが非常に起きやすい状態です。

「肌」は、湿度が多いければ多いほど、良いと思われている方もいるかも

しれませんが、カビや雑菌が発生しやすくなり、逆に肌には危険な状況と

なります。

また、反対に、湿度が低すぎると、「カサカサ」「かゆみ」で搔いてしまって

肌のトラブルとなってしまいます。

乾燥しすぎると、直接肌には関係しないのですが、「インフルエンザ」などの

ウィルスが活発となり、感染症にかかってしまう恐れが出てきます。

湿度は、60%を心がけましよう。

ちなみに、日本の季節ごとの湿度をご紹介します。

「春」50~60%

「夏」60~65%

「秋」50~60%

「冬」30~50%

といった状況です。

部屋の環境などで、湿度は、かなり変化するので、目安と言うことで

みてください。

でもやはり、日本の「冬」に注意しましょう。

肌の役割と肌を守る皮脂との分泌量の関係

「肌の役割」とは?

誰もあまり真剣に考えたことはないと思います。

「肌」は、人の体全面を覆っている一つの器官です。

その「肌の役割」とはなんでしょうか?

それは、細菌や外部からの異物混入や刺激に対し、身体を守るためと

水分の蒸発をコントロールすることなどです。

しかし、身体の周りの空気が乾燥している状態だと、身体の水分量を

スムーズにコントロールが出来なくなってしまうのです。

そうなると、肌が、新しい肌に生まれ変わるサイクルが乱れ

肌自身が弱くなり、外部からの刺激などから守ることが出来なくなり

「かゆみ」や「肌荒れ」との症状となって表れるのです。

「肌」は、その日その時の空気の湿度に皮脂分泌量を合わせようと動き出します。

しかし、外気と室内の温時差が大きすぎると、コントロールできなくなって

皮脂分泌量は過多となり「肌」がベタつくという現象になります。

皮脂分泌量過多となると、毛穴が押し広げられて、毛穴の汚れ

や黒ずみが目立つということになってしまいます。

絶対やるべき保湿ケア6か条

「肌」もストレスを感じ貯めこみます。

その状態は、部屋の外が湿度が高く、室内がエアコンなどで湿度が低い環境下

の時などの湿度の差が激しい時に一番、「肌」は、ストレスがかかる状態なのです。

エアコンなどで湿度が低くなっている、このような室内での乾燥については

①加湿器※を利用(無い場合、タオルを濡らして干す)

②ミスト系の化粧水で保湿ケア

③皮脂の分泌量過多によるベタつきには、収れん化粧水が、皮脂を抑える効果があります。

④毛穴ケア用の洗顔料を使用

⑤手足は、ハンドクリームで保湿し手袋・靴下を使用

⑥入浴後などお湯やせっけんを使用した後などに皮脂が奪われますので、全身の保湿ケア

をしましょう

※加湿器にもむろ、いろいろと種類があり、お値段もそれなりにお手頃価格価格から高価なも

のまであります。機械を使う以上、それに伴って水を入れるタンクや機器のメンテナンスも大

切で、厄介なものとなりますので、注意が必要です。

湿度が適正だと美肌になる!絶対やるべき6か条のまとめ

肌には、乾燥に注意をして湿度がとても大切なことが分かりますね。

しかし、単純に湿度をあげれば、肌に良いわけでもありません。

カビや雑菌が発生しやすい環境となってしまうので、危険です。

また、ストーブやエアコンが必須の冬場となると

湿度が極端に低下することもあります。

その結果、肌がかゆくなったりして、搔くことにより

皮膚トラブルとなってしまう。

また、感染症にかかってしまう恐れも出てくる。

湿度って、大切なことが分かりました。

きちんと、湿度60%を管理して、保湿ケア6カ条を実施しましょう。

加湿によって、美肌の維持と健康のために!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット