東名高速道路通行止め解除はいつ?原因は道路上に遺体!

スポンサーリンク

4月26日午前3時30分ごろ、東名高速上り線、東京料金所と東京インターチェンジ間で、遺体が発見され、現場道路の丁度真上にかかる橋から転落した可能性があるとのことで、東名高速道路の一部区間を通行止めとしていましたが、12時02分解除されました。

[ad#co-1]

東名高速道路通行止めの場所

通行止めの場所は、東名高速道路の上り線、川崎市にある東京料金所と東京・世田谷区の東京

インターチェンジの間で、「東名川崎IC→東京IC」間。


[ad#co-2]

東名高速道路通行止めの原因?

通行止めの原因は、4月26日午前3時30分ごろ、高速道路上に、何か物が落ちているとの通報が警察にあり、警察がかけつけたところ、性別不明の遺体が発見されたということです。

警察の話によると、遺体には、車にひかれたような跡もあったということです。

高速隊の発表によると、午前4時20分ごろ、現場を車で通過した男性(40)から、上から落ちてきたものと接触した、と110番通報がありました。

高速道路上にかかる橋の上で、靴がそろった状態で見つかっており、高速隊は、橋から転落した人がトラックと接触した可能性があると調査しています。

スポンサーリンク

東名高速道路通行止め解除時間はいつ?12:02に解除!

東名高速道路は、午前5時前から「東名川崎インターチェンジ」付近から「東京インターチェンジ」までの上り線の通行止めは、12時02分に解除しました。

26日04:55から12:02まで、約7時間、通行止めとなりました。

東名高速道路通行止め原因は?道路上に遺体!のまとめ

東名高速道のぼり線の「東名川崎インターチェンジから東京インターチェンジ間」の通行止めが、4月26日の12/02分に解除となりました。

原因は、高速道路上にかかる橋から人が落下した可能性があり、現在、高速隊により調査をしているところです。

[ad#co-4]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット