桂文枝の不倫疑惑相手、突然死か!41歳で亡くなった理由とは?

演歌歌手の紫艶(41)さんが、3月7日に都内のマンションで亡くなっていたことが分かりました。紫艶さんは、2016年落語家・桂文枝(75)師匠との「20年愛」を週刊誌に告白し一躍注目を集めました。紫艶さんは、発見されたとき一人でした。

スポンサーリンク

桂文枝の不倫疑惑相手、突然死か!発見時の状況

3月11日の昼間、紫艶さんのお母さんが、紫艶さんの所属事務所に電話をかけてきました。

紫艶さんの所属する事務所の社長によると「毎日、電話をくれる娘が、3月7日を最後に連絡が

取れない」

紫艶さんは、都内のマンションで一人暮らしをしていて、毎日のように、母親に電話をいれて

連絡を取り合ってたようです。

連絡を取れなくなった母親が心配し、連絡をもらった大家が、紫艶さんを訪ねたところ、亡く

なっていたのを発見したということです。

桂文枝の不倫疑惑報道後の紫艶は?

紫艶さんは、週刊誌に愛人関係にあったことを告白した後、2016年4月に、所属事務所を変わ

りました。

レコード会社関係者によると、桂文枝師匠と別れた後、紫煙さんの精神状態がとてもひどくな

り、リストカットをして自殺未遂を繰り返していたようです。桂文枝師匠とは彼女がまだ18歳

のときから38歳までの20年間関係があり、「初めて好きになった人が文枝師匠だった」と涙な

がらに話していたこともあったといいます。

ただ、今の事務所に入ったことをきっかけに「桂文枝師匠のことを忘れて頑張る」

って話していたそうです。

実際にそれからは、一度も自殺未遂のような行動をしなくなったといいます。

桂文枝の不倫疑惑相手の紫艶はなぜ亡くなったのか?

事務所の社長によると、紫艶さんは、精神的な症状で薬を常用していたようです。

お酒は一滴も飲めないのに、たまに薬の影響なのか、ひどい時には、ろれつが回らないことが

ありました。

何か所も病院にかよっていたようで、部屋にはたくさんの薬があったようで

薬の飲み合わせが悪くて、命を落としてしまったのかもしれない。

自宅でなくなっていたため、遺体は、司法解剖で、その結果、「病死」

という判断でした。多くの種類の薬を服用したため、それが死因ではないかと伝えられまし

た。

と警察から聞いたといいます。

葬儀は、3月15日、都内で肉親と事務所のスタッフのみで、しめやかに行なわれたましたと

のことです。

スポンサーリンク

桂文枝の不倫疑惑相手の紫艶、突然死!文枝師匠直撃取材!

2016年当時、桂文枝師匠は、愛人関係を否定しています。

「2年前に会ったのが最後」と話していたが、その後、「LINE」によるふたりのやりとが見つ

かりました。泥沼の不倫劇となりました。

釈明会見を開くと、紫艶さんのことを「娘のような感じで応援していた」と発言していまし

た。

そして、4月30日、週刊誌報道人による直撃取材。

たくさんの報道陣とやじうまが集まり、

大阪・なんばグランド花月終演後、

「師匠!紫艶さんが亡なくなられましたが」と大きな声で、問いかけましたが

桂文枝師匠は、無言だった。

ハンチング帽にマスク姿。迎えの黒いワンボックスカーに急いで乗り込む。

紫艶さんの死については、「FRIDAY」の直撃取材で、すでに知っていたといいます。

その「FRIDAY直撃取材」

記者:「3月7日に紫艶さんが亡くなられたのをご存知ですか?」の問いに

桂:「え、誰が?」

記者:紫艶さんです。

桂:「ほんまか・・(絶句)」

記者:師匠と20年間お付き合いした彼女が、41歳という若さで亡くなったんですよ?

桂:「・・・」

桂文枝の不倫疑惑相手、突然死か!41歳で亡くなった理由とは?のまとめ

41歳という若すぎる死、3年前の告白騒動がすべてだったのでしようか。

真実はわかりませんが・・

ご愁傷様です。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする