2018年12月1日新4K8K放送開始!どうしたら見れるの?

スポンサーリンク

さあ、12月1日、待ちに待った人もいるでしょう!新4K8Kの放送が開始されましたよ。どうすれば、放送が見れるのでしょうか?その前に、新4K8Kてなに?という人もいますね。では、まず、そちらから、説明を始めていきましょう。

[ad#co-1]

新4K8Kとは

新4K8Kを正式名は「新4K8K衛星放送」といいます。今までとは、異なる方式で送信されます。(高度広帯域伝送方式)

以前、「ハイビジョン」というテレビが話題となったのを覚えていますか?また、地上デジタル放送とかBS、CSなど、振り返ってしまうと、とても、説明するのに、時間がかかってしまうので、今回は、省略して、解りやすいあたりから説明してきますね。

新4K8Kはなぜきれいに映るの

テレビの映像がきれいと判断するのは、「画素数」で決まります。この画素数の数字が大きくなればなるほどきれいな映像となります。テレビでは、これを水平方向(横方向)の画素といい、「K」は、1000の単位です。基準となる「ハイビジョン」と呼ばれるテレビの画素数は、約200万画素で2K(2000)と呼びます。それで、「4K」は、約800万画素(2Kの4倍)。「8K」は、約3300万画素(2Kの16倍)。いかがでしょうか、今、一般的にご家庭でご覧になっているテレビは、ハイビジョン2Kが大半だと思います。これを基準に、4倍、16倍となっています。実際に見なくても、その凄さは、想像することが出来ると思います。それだけ、すごいことなんです!

スポンサーリンク

テレビの放送の種類の背景

12月1日から、放送が開始され、さあ、ハイビジョンの4倍、16倍ある映像をすぐに観られますか?普通の一般のご質問ですね。アナログのテレビの時代に限ればですが。今日のデジタル時代では、そう簡単にはいかないのです。まず、基礎知識が無ければ、一人では取り付けできません。どのデジタル機器を使用するにも、取扱説明書なるものを、読んでからでないと、使えないことが多いものですよね。組み合わせとかあったりして。それでは、またまた、簡単に説明いたします。テレビが映像を映し出すプロセスは、放送局からの電波を送信し、アンテナで受信するということで映ります。アナログの時代は、これで済んだのですが、デジタル時代の現在、テレビの放送の種類が、地上波、BS、CSスカパー!プレミアム124/128度、スカパーes110度、インターネット等。さまざまな電波があり、当然、それを受信する方法もさまざまとなりました。

[ad#co-2]

どうすればみれるの

今回の新4K8Kの場合は、衛星放送のBS・110度CSとなり、今までとは、異なる方式で送信されるので、新しい放送の受信機能が必要となります。この新4K8Kを正式名は「新4K8K衛星放送」この中身をみると、BS4K、BS8K、110度CS4Kの3波に分かれます。BS8Kは、この3波をカバーしますが、まだ先のお話です。しばらくは、BS4K、110度CS4Kとなりそうです。この場合に必要なのは、対応された(テレビ・アンテナ・チューナー)それぞれ必要です。

今あるテレビもOK?

一言で説明するにはとても難しく、長文になってしまいますので、基本的な部分だけを説明いたします。新しい放送の受信機能がない4Kテレビは、外付け4Kチューナーが必要です。が、注意点が2つあります。一つ目は、今ある4Kテレビ、4K対応テレビのHDML端子が、HDCP2.2と4K60Hzに対応しているかの確認。2つ目、外付け4Kチューナーと4K、4K対応テレビをHDMIケーブルで接続しますが、ケーブルがハイスピードHDMIケーブルが必要です。また、ほかに、確認事項、設定等もあます。また、アンテナに関しても、放送衛星から送信される電波は、らせん状に回転しながらアンテナに到達します。このらせんが右旋(従来のもの)か左旋(新4K)かでチャンネル数を増やしています。というわけで、簡単には説明できないのが現状です。

まとめ

とてもすばらしい「新4K8K衛星放送」の開始ですが、徐々にですが、チャンネルが増えていきそうです。そして、今回、簡単ではありますが、どうすけばみられるのか、ということを説明させていただきましたが、やはり、ある程度の「新4K8K衛星放送」とテレビ・アンテナ・ケーブル等の基礎的な知識が必要ではないかと思います。購入前に、事前に勉強するなり、お店の人とよくお話をしてから、行動に移されたらよろしいかと思います。

[ad#co-4]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット