タイ・チェンマイで新グループ誕生!AKBと姉妹のグループ名は?

スポンサーリンク

タイのチェンマイで、日本のAKB48の海外姉妹グループ「CGM48」が結成されたことが、6月3日分かりました。タイの姉妹グループは、バンコクを拠点とする「BNK48」についで2グループ目となります。くわしく調べてみました。

[ad#co-1]

タイ・チェンマイで新グループ誕生!グループ名は?

タイの第二の都市チェンマイを拠点とするAKB48の海外姉妹グループ名は

「CGM48」

ロゴカラーは、自然あふれるチェンマイの森林をイメージしたカラーのものです。

タイでの姉妹グループは、バンコクを拠点と下「BNK48」があります。

このBMK48が、2日チェンマイで開催したファン感謝イベンとでのサプライズ発表でした。

グループ名の由来は、チェンマイの英語表記が「Chiang Mai」から来ています。

「CGM48」の運営は、BNK48の運営会社の「BNK48 Office」です。

タイ・チェンマイで新グループ「CGM48」誕生!今後の予定

「CGM48」の一期生のオーディションが行われます。

応募期間は、6月15日 ~ 7月15日。

今後の予定は、年内に1期生をお披露目をして、その後、チェンマイで

専用の劇場が開場する予定となっています。

海外の同一国で、2つ目の姉妹グループが誕生するのは初めてのことです。

その理由として、一つ目のグループ「BNK48」が、現地で大人から子供にわたり幅広く人気を

集めた国民的アイドルに成長したのに続いて、タイでの第二の年チェンマイでもと言うことで

すね。

スポンサーリンク

AKB48海外グループ一覧

ちなみに、AKB48グループの海外グループは、これで7か国8チームとなりました。

1.インドネシア・ジャカルタ「JKT48」

2.台湾・台北 阿部マリア(23)が所属の「AKB48  TeamTP」

3.中国・上海 「AKB48  TeamSH」

4.フィリピン・マニラ 「MNL」

5.ベトナム・ホーチミン「SGO」

6.インド・ムンバイ「MUM」

7.タイ・バンコク拠点の「BNK48」2017年お披露目、同4月、伊豆田莉奈(23)が移籍。

8.タイ・チェンマイ「CGM48」

タイ・チェンマイで新グループ誕生!AKBと姉妹のグループ名は?のまとめ

海外のタイのチェンマイを拠点とする、も一つの新グループ「CGM48」が誕生しました。

おめでたいことです。おめでとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット