5Gいつから?au・ドコモ・iphone世界が変わる!

次世代の通信規格が「5G」となります。現在は「4G」。スマートフォンを持っている方であれば、一度は耳にしたことがありますよね。でも、5Gとか4Gとかよく理解していで利用していることが多いので、世界が変わるほどのものなのか調べてみました。

スポンサーリンク

通信規格5Gとか4Gの「G」とは?

この「G」は、英語の「Generation」=「世代」の意味です。頭文字の「G」の意味です。

ということは、「5G」は、「5世代」という意味ですね。

「1G」は、第1世代でアナログでした。

「2G」は、第2世代でデジタルになりました。これ以降デジタル通信になります。

「3G」は、第3世代、高速でデータ通信が可能となりました。動画が可能となりました。

「4G」は、第4世代となり現在の主流です。

過去からの通信規格の進歩を簡単に見てきました。

世代交代は、アナログからデジタルと変化し、さらに通信の速度をスピードアップを図ること

により、便利に進化してきたわけですね。

専門的な言葉を使いと理解しにくいので、わかりやすく言いますと、

通信速度が速くなって、大量のデータを一度に通信することが可能になった。ということ。

つまりは、画像の通信がスムーズに行えるようになりましたね。これだけではありませんが。

通信規格「5G」と「4G」の違いは?

世界中が現在「5G」に向けて開発を進めています。

もっと通信速度を上げて、もっと大量のデータを送ろうとしています。

専門用語で言いますと「5G」は、通信速度が最大20Gbpsです。(このGはギガ:単位)

これは、「4G」の通信速度の100倍ほどのとても速い速度となります。

(理論上での実測値です)

分かりやすく言いますと、2時間の映画が「3秒」でダウンロードできるのです。

言い換えると、7200秒(2時間)がたった3秒で終了するのです。わかりずらいですか?

次に、アクセス数(接続)が多くなると通信速度が遅くなりました。

いわゆる、通信の渋滞状態。

現状の4Gでは、数か所程度の接続しかできなかったのが、5Gとなると、100か所程度まで

同時接続できてしまうのです。

5Gいつから?

それでは、いつから「5G」になるのでしょう?

日本国内大手携帯3社は、au(KDDI)が2020年3月末まで、ドコモ・2020年、ソフトバンク・

2020年を目指しています。

2020年といえば、東京オリンピック。ここに間に合わせているようですね。

ちなみに、楽天モバイルも2020年を目指しています。

Androidは、足並みを揃えた対応をしていますが、Appleのiphoneは、ちよっと事情があって

対応が遅れているようですね。

iphooneの「5G」は、今の所、2020年以降とみられています。

5Gいつから?au・ドコモ・iphone世界が変わる!のまとめ

次世代の通信規格「5G」は、調べていくと、Androidのスマートフォンは、

足並みを揃える感じで、2020年と明確に表現していますが

Appleのiphoneは、2020年以降という表現をしています。

いろいろ事情があり、開発が遅れたようです。

通信速度が速くなり、大量のデータがやり取りできる世界は

「すべてを変える」といっても過言ではなさそうです。

「5G」の具体的な変化の説明は、紙面の都合上、次回ということにします。

5Gの世界がもうすぐ目の前にあります。

とても楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット