キャッシュレス決済でポイント還元いつから?楽天・ヤフーも参戦!

スポンサーリンク

クレジットカードや電子マネーなどで商品を購入した時、キャッシュレスで決済を行うとポイントで還元されるというのを、どこかで聞いた覚えはないでしょうか?加盟店に楽天市場やYahoo!ショッピングも参戦!というニュースが飛び込んできました。どのようなことか調べてみました。

キャッシュレス決済でポイント還元とは?

国は、今年2019年10月1日に消費税10%に引き上げられることをきっかけとして、キャッシ

ュレス化を進めようとしています。また一方、消費税増税対策の経過処置です。

還元率は一律ではない!

国の経済産業省は「キャッシュレス消費者還元事業」を立ち上げ、消費者がキャッシュレス決

済した場合、消費者に個別店舗から「5%」フランチャイズチェーン店から「2%」をポイ

ントで還元することを決めたのです。

キャッシュレス決済でポイント還元はいつから?いつまで?

2019年10月1日の消費税増税の引き上げのタイミングに合わせて

実施時期は、2019年10月1日~2020年6月30日まで! (9か月間のみ)

期間終了後は、決済事業者それぞれの「手数料」が適用となります。

スポンサーリンク

「キャッシュレス消費者間還元事業」とは?

キャッシュレス消費者還元事業の目的は2つあります。

キャッシュレス化の推進

消費税増税の経済対策

キャッシュレス消費者還元事業とは、ここに加盟をしている中小・小規模の小売店、飲食店、

サービス事業者が提供するキャッシュレス決済をした買い物に対して、ポイント還元や割引き

を支援するというものです。

①について

この加盟店において、消費者が買い物をしてキャッシュレス決済をした場合、消費者へ支払い

の一部を還元することで、「事業者」と「消費者」にキャッシュレス化を推進するのが狙い

す。

②について

「中小・小規模事業者の場合」

・中小・小規模事業者について消費者に還元する5%分を国が負担します。

端末導入での負担ゼロでインフラ整備でも優遇されています。

・加盟店手数料率が3.25%以下に引き下げ、その3分の1を国が負担します。

「フランチャイズチェーン店の場合」

・端末の費用、加盟店の手数料の補助はありません。

・消費者還元分の2%のみが補助されます。

キャッシュレス消費者還元事業の対象の支払い方法

キャッシュレス消費者還元事業がキャッシュレス決済と認定しているのは次の通りです。

・電子マネー

・クレジットカード

・デビットカード

・QRコードなど(電子的に繰り返し利用可)

なお、原則として、日本居住者が対象で、日本円でチャージ可能な決済サービスであることが前提です。

キャッシュレス消費者事業へ楽天市場、Yahoo!ショッピングが参戦!

【楽天市場】

消費者が、「楽天市場」で商品を購入する場合

・クレジットカード決済した時に購入金額の5%分のポイントが還元されます。

・楽天カードで決済した時も楽天ポイントが5%付きます。

【Yahoo!ショッピング】

・クレジットカードまたはPayPay残高で決済時、5%相当のPayPayボーナスまたはPayPayボ

ーナスミニが還元されます。

通販・EC事業者のメリット

・購入額の5%分のポイント還元がキャッシュレス決済事業者から支払われます。

・クレジットカード決済などでキャッシュレス決済の手数料3.25%以下への条件として決済手数料の3分の1が国で補助されます。

というように、決済手数利用の負担が減少し、さらに国の予算を通じたポイント還元、消費者

へのポイント宣伝効果により新規獲得につなげられます。

キャッシュレス決済でポイント還元いつから?楽天・ヤフーも参戦!のまとめ

「キャッシュレス決済でポイント還元」は、消費税増税のタイミングで国が旗振りをして、キ

ャッシュレス化を推進する手段だったのですね。

調べていくと、国が旗振りしている戦略などが、いろいろわかってきますね。

2020年の東京オリンピックがひとつのポイントとみられます。

東京オリンピックまでに!ということが、ほかのこともニュースにはなっていないで、進んでる

ことがいっぱい。

私達が直接かかわること、世界規模で、全てが、ガラッと変わりますよ。

このキャッシュレス化、レジ袋のプラスチックゴミ問題、スマホ5G化、自動運転

などなど

書ききれませんが、ひとつことつ、これからも「wadai」で

とりあげ、みなさんにお役にたてますよう、説明してまいります。

今後もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット