プレミアム付き商品券とはなに、お得で、誰でも買えるの?

スポンサーリンク

10月からの消費税増税にあわせて、「プレミアム付き商品券」が利用できるという。なに?聞きなれないので素朴な疑問です。プレミアム付き商品券とはなに?お得なの?そして、だれでも利用が出来るのでしようか。調べてみました。

プレミアム付き商品券とは?

プレミアム付き商品券とは?

「プレミアム付き」というので、さぞや豪華でとてもお得な商品券を想像してしまいます。

そして、国民のみんなが利用できると・・・

実際は、どうなのでしょう。

「プレミアム付き商品券」とは、

①消費税増税により家計に与える影響を緩和するため

②地域の消費を下支えするため

を目的に、全国の市区町村が発行します。

具体的には、小さな子供がいる世帯や低所得者を

消費税の負担を軽減するための制度です。

この部分を強く打ち出しています。

プレミア付き商品券

・1人あたり最大25,000円の商品券を20,000円で購入できます。

・5,000円の商品券を4,000円で、最大5回にわけて購入ができます。

・1枚、額面500円、価格400円で、10枚セットで販売

1人、最大5セット(50枚)まで購入できます。

スポンサーリンク

プレミアム付き商品券は対象者だけのもの?対象者とは

対象者は、前記しましたが、小さな子供がいる世帯や低所得者で、

「子育て世帯(0~3歳)」と「住民税 非課税者(年収約260万円未満)」

このプレミアム付き商品券を購入できる資格があるということです。

子育て世代

・2003年4月2日~2019年9月30日生まれの子供(0~3歳)がいること。

・子供1人につき最大25,000円分

・夫婦ともに課税と子供2人(2歳、0歳)の世帯で最大5万円

住民税 非課税者

・2019年度の住民税が課税されていない(課税者に扶養されている人は除く)

・1人あたり最大25,000円

・夫婦ともに非課税だけの世帯で、最大5万円

注)非課税と子育ての両条件にあてはまる場合は、重複購入が可能です。

この部分を、国は強調しているように見えます・・・

国民全員が使用できない対象者限定なのに・・・

プレミアム付き商品券の購入方法

子育て世帯の場合

市区町村から、自動的に自宅に「購入引換券」が届きます。(7/27~)

(2019年8月1日~9月30日の間に誕生したお子様の引換券は、判定ができないので配送が遅

れます)国は、11月ごろまでには届くように予定しています。

引換券が届いたら、10月以降に市区町層が指定します窓口で購入します。

持っていくもの:購入代金・引換券・本人確認書類

分割購入の場合、5,000円単位(10枚1セット)での分割購入ができます。

住民税非課税世帯の場合

住民票のある市区町村から「申請書」が届きます。

「申請書」に必要事項を記入の上、市区町村に提出します。

その後、「引換券」が届きます。

プレミアム付き商品券には注意点が!!

プレミア付き商品券には、使用期限使用する場所が限定されています。

・期限:2019年10月1日~2020年3月31日までの6カ月間です。

使用する場所

・プレミアム付き商品券を発行している「地方自治体のエリアの小売店

お釣りがありません!

プレミアム商品券とはなに、お得で、だれでも買えるの?のまとめ

「プレミアム付き商品券」どのように感じられましたか?

たぶん、「いいね!」と言う方は、ほぼ皆無!?

対象者と申請の仕方と購入の仕方、お分かりいただけたでしょうか?

「プレミアム付き」の商品券のプレミアムを知りたかったのですが。

ごめんなさい。説明しておきながら、良くわからないプレミアム。

国は、このプレミアム付き商品券を購入すると、25%お得!(上限20,000円で額面は、25,000

円で5,000円お得が「プレミアム」としています。)

失礼ですが、5,000円です。

なんと、この5,000円は、皆さんの税金からまかなわれているのですよ。

みなさんは、どうお思いでしょうか。

まして、このプレミアム付き商品券制度の目的は、

「小さな子供がいる世帯や低所得を消費税の負担を軽減する」とうもので

購入資格を得たとして、分割購入が選択できるとして

も、一時金としては、最低で20,000円、子供2人いたら40,000の大金が必要となります。

わかりません。

さらに、使用期限、使用地域、上限付き、お釣りが戻ってこないなど、ほかにも問題があり

「えー」ですよね。

「プレミア付き商品券」は、ネーミングは、とてもよかったです。

でも、実際、負担軽減となりそうですか。どうでしようか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット