台風15号最新進路予想関東直撃か?米軍・ヨーロッパ・Windy情報!

スポンサーリンク

台風15号(ファクサイ)の最新の進路予報では、関東地方を直撃する恐れも出てきました。世界の気象情報の米軍・ヨーロッパ・Windyそして気象庁をまとめました。各国の最新情報から台風15号の今後の進路予想をいたします。

台風15号は、関東では9月8日(日)夜 ~ 9月9日(月)に本州上陸の恐れ!

気象庁が注意喚起の会見!!(9月8日11:00ごろ)

コンパクトな台風のため、接近すると急に風雨が強まる特徴があります。

関東南部は、早ければ午後9時ごろから急速に荒れた天候になる可能性があります。

台風15号は、成長しています。注意してください

台風15号(ファクサイ) 9月8日(日) 9:00の状況

強さ 強い

現在位置 八丈島の南 約210km

進行方向と速さ 北西 35km/h⇒北西30km/h

中心気圧 970hPa⇒960hPa

中心付近の最大風速 35m/s⇒40m/s

最大瞬間風速 50m/s⇒60m/s

25m/s以上の暴風域 全域110km⇒90km

15m/s以上の強風域 北東側330km⇒東側280km・南西側220km⇒西側190km 

出典:ウェザーニュース

気象庁 9月8日() 18:00 現在 天気図

出典:気象庁HP

気象庁 9月8日(日) 20:00 現在の台風15号 進路予想図

出典:気象庁HP

今日8日(日)、台風15号は、暴風域を伴って八丈島の南約210kmに3あり

ます。

台風15号は、雲息が比較的小さく、接近する地域では、急に風が強まり、波が高くなる見込み

です。

その後は、北上を続け関東や東海の東日本に近づきます。天気が崩れないの

は、明日8日(日)午前中までなので、

それまでに、屋外にある飛ばされやすいものを固定したり

片づけなどの「台風対策」をしておきましょう。

明日8日(日)は、徐々に東日本は台風の影響が出てきます。

関東と東海は、午後から雨のところが次第に増えるでしょう。

また、風も強くなってきます。

荒天のピークは、8日(日)~9日(月)早朝と予想されます。

道路が一気に関するような非常に激しい雨がある恐れがあります。

落雷や突風などにも注意をしてください。

9日(月)~昼ごろになると、南部を中心に荒れた天気となります。

出典:ウェザーニュース

出典:ウェザーニュース

出典:ウェザーニュース

米軍 9月8日(日) 5:30 現在 台風15号

           右側の赤い矢印(TS 14W)が台風15号です。↓

米軍 9月8日(日) 6:00  現在の進路予想図

スポンサーリンク

ヨーロッパ 9月 7日(土) 12:00 現在 天気図

Windy 9月8日 10:00 現在 空気の流れ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット