花田優一靴職人にかける!芸能界も捨てたものじゃない?

いろいろ世間を騒がせている花田優一さんが、このたび、自分のブログを更新しました。なんと書かれているのか、興味が持たれるところです。靴職人として生きるのか、はたまた、親のなんとかで、このまま、芸能界で生きていくのか、二足のわらじをはいたままなのか。どうなのでしょうか。

スポンサーリンク

花田優一オフィシャルブログ

タイトルが「12/21-22」です。「え?」何の意味でしょうか。中身は、招待状のような広告のような写真が一枚アップしただけのシンプルなものです。その内容をご紹介いたします。12月

21日22日に、東京、京橋のギャラリーで絵の展示会をするそうです。また、同時に、2019年度の靴の受注を数量限定で受け付けますとのことです。また、靴への相談などもご気軽にお話

させていただける場になれば幸いです。と書かれていました。ほかに詳細は記載されてなく、この広告は、「絵」がメインなのでしょうか。靴の注文なのでしょうか。

花田優一靴職人として

ブログ内では、これから、どうしていくのかというコメントもなく、10代のころ描かれた絵を飾り、後半の文中には、ついでのような、靴の注文が書いてあったりして、このブログの写真

一枚のみで、詳細説明はありません。花田優一さんの靴に関しては、世間の皆様の耳に入ってると思いますが、よい話を聞きません。それよりか、トラブルを起こしている現実において、

さらに注文を受けるとは、とても理解しがたいですね。注文を取るんであれば、トラブルに関してのお詫びの言葉をいただきたいものです。そして進む道の表明「靴職人で生きます」と。

花田優一さんの靴職人について、いろいろ調べてみましたが、ここへ書き込むいい情報が、ほとんどありません。よくないことは、書きたくないので困ってしまいますね。これからも応援

したいとは思うのですが。

まとめ

このたびのブログ更新では、靴職人としてか、芸能界でとか、こうして生きていきます。という表現がなく、肩すかしでした。がっかりです。絵画の展覧会のご案内、と靴の注文取りのみ

でした。「絵」、これには驚きました。「絵」ですか?花田優一さんの「絵」をくまなく調べてみましたが、残念ですが「絵」についての情報が得られず、ご紹介できませんでした。すこ

しでも、良い情報を案内出来るのであればという思いなのですが。所属していた芸能事務所の解雇、靴職人としてのトラブル、浮気、離婚とこれだけ大変なことが起きると、普通には暮ら

せませんよね。さらに、親の離婚、父親の退職もあり、どのような心境なのか心配してしまいます。それで、このような生き方をしてしまってるのでしょうか。よい方向に向かうことを願

っております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット