全日本フィギュアスケート選手権2018今夜スタート!みどころは?

スポンサーリンク

いよいよ日本人だけの頂上決戦「全日本フィギュアスケート選手権」の幕があがります。男子は、5年ぶりに復帰した高橋大輔が出場し、平昌オリンピック銀メダリストとの戦い、女子はGPファイナルで初出場初優勝の紀平と世界レベルの宮原、坂本、樋口との直接対決。みどころ満載!

[ad#co-1]

全日本フィギュアスケート選手権日程

会場  大阪府門真市・東和薬品RACTAB(ラクタブ)ドーム

2018年12月21日(金)~12月24日(月)

12/21(金)女子ショート

12/22(土)男子ショート

12/23(日)女子フリー

12/24(月)男子フリー

午後7:00~  フジテレビ(地上波)にて放送いたします。

全日本フィギアスケート選手権2018出場選手

女子シングル(ベストスコア順)

紀平梨花  ベスト 233.12

宮原知子     ベスト 219.71        2014、2015、2016、2017優勝(4連覇中!)

坂本花織  ベスト 213.90

三原舞依  ベスト 209.22

山下真湖  ベスト 203.06

白岩優奈  ベスト 191.46

本田真凛  ベスト 188.61

横井ゆは菜 ベスト 184.09

樋口新葉  ベスト 181.29

荒木菜那(jr)ベスト 176.14

川端和愛(jr)ベスト 173.84

本郷理華  ベスト 156.59

女子シングルスのみどころ

ひとことで、みどころは全部です。一瞬も目が離せません。それほど、見どころばかりです。

日本女子フィギュアスケートは、世界においても、とても高いレベルにあります。世界を相手

にしても、日本女子は、複数人で上位を占めます。その世界レベルの戦いを、今大会は、日本

人だけで争うわけです。それでも、どこか、みどころを探すとすれば、紀平梨花さんと宮原知

子選手の優勝争い。やはり、流れからすると紀平梨花選手でしょう。まだ、記憶にあたらしい

ですが、グランプリファィナルでの初出場初優勝。文句ないですね。不安な材料もありませ

ん。一部の情報で、スケート靴が・・・とありましたが。でもでも、両手を挙げて喜ぶわけに

はいきません。そうです。侮れないのは、この全日本フィギュアスケート選手権、5連覇に挑

む宮原知子選手です。皆さんもよくご存知のはずです。ここまで、4連覇しています。これに

かける気力は、並大抵のものではないはずです。皆さんが気にかけているも一人本田真凛選手

は、今季からコーチと練習場所を米国へと変えましたが、結果に繋がっていません。世界選手

権の出場枠は「3」さてさて、どのような戦いとなるのか。楽しみです。

男子シングルス(ベストスコア順)

高橋大輔         ベスト 244.67   2005、2006、2007、2009、2011優勝

宇野昌磨           ベスト 277.25      2016、2017優勝

友野一希           ベスト 238.73

壺井達也(jr)   ベスト 222.79

佐藤駿(jr)    ベスト 222.30

田中刑事     ベスト 221.92

島田高志郎(jr)  ベスト 220.45

山本草太     ベスト 213.40

————————————————————————–

羽生結弦     ベスト 297.12   2012、2013、2014、2015優勝(欠場)

男子シングルのみどころ

上記参加メンバーの「ベスト」と過去の実績からも分かる通り、ほぼ宇野昌磨選手の独擅場で

す。2位以下を大きく引き離しています。この全日本フィギュアスケート選手権も現在、直近

で2連覇中です。そして、他メンバーよりも実績・経験もあります。無理して不安材料を挙げ

るとするならば、いままでの戦いの流れから判断すると、ジャンプのタイミングが少々あって

ない、ぐらいでしょうか。今回の大会に合わせて十分調整してきています。みどころは、とい

うと2位に誰が入るかということです。ベスト記録からすると、友野一希選手ですね。順当だ

と思います。しかし、今大会では、5年ぶりに復帰した高橋大輔選手に注目です。皆さんも、

すでにご承知の選手です。実力・経験とも十分にあります。「5年」というブランクが、その

間の練習と気力・体力が、吉と出るか凶と出るか。ですね。とても怖い存在であることは、間

違いのないところです。この大会は、世界選手権の選考会も兼ねており、男子の出場枠は

「3」です。そのうち「2」は、羽生結弦選手、宇野昌磨選手で、ほぼ決定的といえるでしょ

う。そして、問題というかみどころは、残り「1」に誰が入るかです。今大会の「2位」に注目をしましょう。その選手が出場権を手にするということです。ワクワクドキドキしてきました

ね。

スポンサーリンク

まとめ

全日本フィギュアスケート選手権は、この大会の優勝を目指すほか、世界選手権の出場権を得

る大会でもあり、今大会が最終選考となり、代表が発表されます。男子女子ともに3枠を争い

ます。そして、男子、女子ともに激しい3枠の争奪戦が予想されます。実力伯仲の中、5年ぶり

の復帰で注目される高橋大輔選手がどれだけ結果が残せるのか、楽しみです。また、女子に関

しては、実力伯仲の中、一歩リード下とみられる、先日、行われたグランプリファイナルで初

出場初優勝の紀平梨花選手が、この大会4連覇中の宮原知子選手を阻むのか、こちらも楽しみ

で、手に汗に汗握る戦いとなりそうです。

[ad#co-4]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット