2019大相撲初場所開幕!横綱稀勢の里、相撲人生最終章初日は?

スポンサーリンク

2019大相撲初場所が、今日1月13日(日)はじまりました。今場所の最大の注目は、横綱稀勢の里。それも、今日初日の結果に集中しています。今日の取り組みは、御岳海です。過去の対戦成績は、稀勢の里の6勝1敗。どのような結果は、通常であれば対戦成績どおりなのですが・・

[ad#co-1]

【速報】横綱稀勢の里×小結御岳海取組結果

押し出しで、御岳海の勝ち

横綱稀勢の里×小結御岳海の立ち合い

結びの大一番、懸賞が54本。盛りに盛り上がりを見せました。

立ち合い、稀勢の里は、得意の左四つの体勢にしたいため、左差しを狙ったが、御岳海におっ

つけられ、右差しをゆるし、頭を胸につけられてしまい稀勢の里は、完全に上体が伸びて防戦

体勢になり苦しい展開となった。稀勢の里が、突き落としを仕掛けると、おっつけられ、稀勢

の里は、苦しまぎれの突き落とし、その瞬間、体を入れ替えられて、そのまま御岳に押され、

土俵際で踏ん張ることもできず土俵を割りました。実にあっけない、横綱稀勢の里の完敗でし

た。場内は、ざわつき、どよめいていました。

スポンサーリンク

横綱稀勢の里の体調は

1月7日の稽古総見では、今一つ的な仕上がりで「不安」が残りましたが、初日前日には、順

調、しっかりやるだけと自信をにじませていました。

観客から見守っていた、横綱審議会の北村委員長は、「残念です。まだ初日。これからがあね

といってもあそこで頑張り切れない。場所を全うできるのか不安になる。バタバタ感がある」

と述べました。稀勢の里にはめずらしく、引き上げる時に、首をひねったり、天井を見上げた

りするしぐさをしました。よほどの思いと悔しさがあったと思われます。

稀勢の里は、横綱昇進後、初日に敗れたのが5場所あり、その後すべて休場しています。逆

に、初日白星のだった場合、横綱昇進後2場所ありますが、2場所とも2ケタ勝利を挙げていま

す。これから先をデータから判断すると・・・

横綱稀勢の里の14日の取り組み

明日1月14日の取り組みは逸ノ城。しかし、稀勢の里は、横綱昇進後、3戦3敗と苦手意識が十

分にある相手と対戦します。今日初日の逸ノ城の成績は、大関高安と対戦し、「突き出し」で

圧勝しています。気分はとてもいいでしょう。勝者インタビューにも気持ちよく答えていまし

た。稀勢の里は、気持ちが切り替えられるかどうかにかかっています。一歩一歩崖に近づくそ

の心境はいかがなものなのだろう。

2019大相撲初場所開幕!横綱稀勢の里、相撲人生最終章初日はのまとめ

1月7日の稽古総見での「不安」が、現実になったようですね。8場所連続休場。13日黒星で歴

代横綱ワーストタイ記録6連敗。いやな記録ばかりが、目立ち始めました。今日の対戦相手の

小結御岳海との結果が、稀勢の里の調子を物語ってますね。いつもの腰高の負けパターンの姿

勢に、本人もわかっていながらなってしまうんだから、見守ることしかできないですね。本当

に残念でならないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット