大相撲初場所14日目、関脇玉鷲の結果は?

大相撲初場所14日目、3連敗を喫した白鵬が休場しました。これで今場所も、横綱不在の場所となってしまいました。しかし、両関脇の活躍により、場所は、大変盛り上がりを見せています。さて、初優勝を目前にした関脇玉鷲の結果は?

スポンサーリンク

大相撲初場所関脇玉鷲取り組み結果の順番

14日目の取り組み順

新関脇 貴景勝(10勝3敗) - 前頭四 隠岐の海(6勝7敗) 

前頭五 碧山(7勝6敗)  - 関脇 玉鷲(11勝2敗)

大関 豪栄道(7勝6敗)  - 横綱 白鵬(10勝3敗)

(白鵬、休場のため、豪栄道の不戦勝で、豪栄道8勝6敗と勝ち越し)

大相撲初場所関脇玉鷲取り組み結果

新関脇 貴景勝 vs 前頭四 隠岐の海との取り組み結果は、

貴景勝は、難なく、いつも通りの押しで一気に、

隠岐の海を「押し出し」で、勝ちました。

これで、新関脇 貴景勝 11勝3敗。

この取り組みの後、関脇 玉鷲と前頭五 碧山との取り組みです。

関脇 玉鷲は、前頭五 碧山との対戦成績は、4勝5敗と、負け越しています。

立ち合い(碧山vs玉鷲)

やはり、極度な緊張があったのか、前頭五 碧山が先に土俵の仕切り線に手を下すと、関脇

玉鷲は、固まったようになり、思わず最初の立ち合いを「待った」しました。

しかし、2度目の立ち合いでは、いつも通りの玉鷲に戻っており、

冷静さを取り戻したようで、碧山の強烈なのど輪を浴びたが、

弓なりにのけ反りながら、こらえ振り払い、下からのおっつけが効いて、碧山を押し出しまし

た。

大相撲初場所関脇玉鷲取り組み結果

関脇 玉鷲は、これで、13勝2敗。星ひとつの差で、新関脇の貴景勝。

この14日目で、初場所の優勝は、関脇同士の玉鷲と貴景勝との一騎打ちとなりました。

大相撲初場所「千秋楽」関脇玉鷲取り組み結果のみどころ

前頭九 遠藤(10勝4敗) - 関脇 玉鷲(12勝2敗)

玉鷲が勝てば、「優勝」。負けると「優勝決定戦」へ。

結びの一番

新関脇 貴景勝(11勝3敗) - 大関 豪栄道(8勝6敗)

貴景勝が勝ち、玉鷲が負けると「優勝決定戦」へ。

大相撲初場所14日目関脇玉鷲取り組み結果のまとめ

大相撲初場所は、今日「千秋楽」を迎えます。無事にとは、今場所も言えず、横綱不在と大関

陣の不甲斐ない成績の場所となってしまいましたが、今日の千秋楽まで、この新旧関脇のふた

りの頑張りにより、盛り上がった場所になったのは、間違いないでしょう。偉いと思います。

玉鷲は、遠藤に勝って、一気に優勝を決めたとこですね。たとえ負けたとしても、「優勝決定

戦」もあるという状況なので、新関脇の貴景勝よりは、精神的なプレッシャーはないと思うの

で、力まず、いつも通りの相撲を取れれば、勝てるでしょう。さて、優勝は・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット