佐々木朗希試合延期苦情殺到!試合ができない?

スポンサーリンク

高校野球の佐々木朗希投手の163キロが見られる、5月1日春季岩手県大会沿岸南地区予選が始まりました。しかし、この日試合会場となる釜石市は、あいにくの雨となり、試合は延期となってしまいました。

佐々木朗希試合延期?苦情殺到!

5月1日春季岩手県大会沿岸南地区予選が、雨のため中止となりました。

試合会場は釜石市の平田運動公園野球場。

3試合の予定が組まれていましたが、全試合とも中止、5月2日に延期となりました。

そのため、4月2日に試合予定だった大船渡高校の初戦の試合も、当然ながら

スライドして、4月3日となってしまいました。

これに対して、県内外の高校野球ファン、特に超目玉の大船渡高校、163キロ投手の佐々木朗希ファンなどからの、この野球場に問い合わせが殺到したといいます。

球場の管理関係者によると、こんなにもたくさんの問い合わせや試合延期に対しての苦情が殺

到し予想外で驚きました、対応に苦慮したとのことです。

問合せ以外にも、遠方などから来た人などは、球場に来てから試合の日程変更を知った方もおられて、苦情などの対応に追われていたとのことです。

平田運動公演野球場

試合会場は、岩手県釜石市の山あいにあります。

来場者数3,000人を予想しており、いろいろ多岐にわたり対策を施しています。

その中でも難解なのが、シカのフンだそうで、球場内、外野の芝生席の清掃に励んでいるとの

ことです。

このシカ、試合中にも表れるらしいです。天然芝の新芽が特に大好きとのことです。

また、他には山あいのため、特別記念物のニホンカモシカやタヌキ、キツネなども

球場周辺で目撃するらしいです。

スポンサーリンク

佐々木朗希投手・大船渡高校の対戦相手は?

大船渡高校の対戦相手の住田高校は、県立高校です。

現在、野球部員が9人。

今春、新一年生が4人入部してきて、なんとか9人に達した模様です。

昨年は、部員不足のため、大槌高校との連合チームで、同地区の予選に出場したといいます。

住田高校の投手は、主将の伊藤優心(3年)選手で、

大船渡高校の佐々木朗希投手とは、小さいころ小学校も少年野球チームも同じでした。

5月2日、住田高校は、大船渡東高校と対戦して予選1回戦を8-3で勝利しました。

この日は、13安打と好調、打球を右手首にあてた三塁手が試合後に病院に向かうという

アクシデントがありましたが、明日、大船渡戦に弾みがつく勝利となりました。

伊藤優心投手は、3年目で初の公式戦勝利だということです。

気分を良くしての明日、3日は、大船渡高校との対戦です。

佐々木朗希試合延期苦情殺到!試合ができない?のまとめ

高校野球のファンでも、そうでない方でも、一度は見てみたいものですね。

大船渡高校の佐々木朗希投手の163キロ越えの投球を!

試合が延期となりみられない悔しさは、よく理解できますね。

雨ではしょうがないですね。

大船渡高校の登場は、明日5月3日、試合開始午前9:00です。

対戦相手は、野球部員9人の住田(すみた)高校に決定。

今季初公式戦となります。

こうご期待。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット