堀米雄斗これがスケートボード世界王者のプロフィールだ!戦績が衝撃的

スポンサーリンク

堀米雄斗、まだ若き二十歳のスケードボードの世界王者のプロフィールを紹介します。スケートボードとの出会いは、小学1年生の6歳の時だった。スケートボーダーだった父親の血を受け継ぎめきめきと頭角を現す。まだ二十歳だが実力は世界レベル。彼の半生を負いました。

堀米雄斗スケートボードの世界王者と言われる由縁!

堀米雄斗選手がスケートボード界において世界王者だと言われる由縁について説明していきま

しょう。

堀米雄斗選手は、スケートボードの世界的な大会の「SLS」や「X GAME」に

何度も出場している実力者です。

さらに、その世界的な大会では、何度も表彰台に上がっており、いわゆる「参加するだけ」で

はなく、ちゃんと結果を残しているのが素晴らしい!

では、さっそくそのあたりの大会結果・成績を発表しましょう。

堀米雄斗スケートボード大会結果・成績まとめ

2015年(16歳) Wild in the Park           2位

2016年(17歳) Tamp Am            4位 (日本人初)

2017年(18歳) SLS・バルセロナ              3位 (日本人初)

 〃       SLS・ドイツ、ニューミック   2位 (日本人初)

 〃       DEW TOUR・ストリート部門 3位 (日本人初)

 〃       OI STU OPEN        優勝

2018年(19歳) SLS・ロンドン        優勝 (日本人初)※

 〃       SLS・ロスアンゼルス     優勝

 〃       SLS・ハンティントンビーチ  優勝

 〃       SLS・スーパークラウン    8位

 〃       X GAMES           4位

2019年(20歳) SLS・ロンドン        準決勝敗退

 〃       X GAMES・シャンハイ     3位 (日本人初)

ここで、堀米雄斗選手の戦績をダラーっと見て、優勝や日本人初の文字がやけに多いな

と感じてるあなた、それだけでは、

「スケートボード世界王者」だということが分からないですね。

解説をしましょう。

戦績の経歴を見て、驚かない人は、素人です。これだけですごいのですよ!

SLSやX GAMEの大会は、雲の上、という世界のことです。まず、普通には出場は出来ないと

思ってください。無理です。

※ SLS(ストリート・リーグ・スケートボード)は、出場するだけでも超大変なのです。

世界最高峰の大会なのです。すでに常連のように出場していますね。

それだけに堀米雄斗選手は、世界レベルでの実力を持ったスケートボーターなのです。

ライバルは、世界に。

なのに、堀米雄斗選手は、昨年2018年、19歳の若さで「優勝」です。

さらに「日本人初」なのです。

これだけでも、すごい!のにですよ

昨年2018年は、SLSで3連覇までやってのけてしまったのですよ。

奇跡でもあり得ないのです。

それを、失礼ですが、当たり前のように「SLS」「X GAME」の大会に出場して

ちゃんと表彰台に乗り、優勝までしている人を「世界王者」と言います。

衝撃的に、本当にすばらしい選手です。

もう、日本とか、アジアとか地域レベルではない世界レベルと言うことがお分かりなったので

は。

スポンサーリンク

堀米雄斗の生い立ちと、ここまでの強さはなに?

若干二十歳の若者がいまやスケートポート界で「世界王者」と叫ばれるまでになったのは

どうしてだろう。

堀米雄斗選手とスケートボードの出会いは、今から14年前の6歳の時だ。

父親がもともとスケートボーダーだったこともあり、自然とスケートボードに慣れ親しんでい

った。

そして、もともとスケートボードの素質があったりでしょう。国内大会では、優秀な戦績を上

げつつ、なんと、10歳でスポンサーがついたと言います。

2014年の15歳の時には、AJSA(日本スケートボード協会)年間総合王者に輝き、日本国内では

圧倒的な強さだった。

2016年16歳になった時に、拠点をスケートボードの本場・カリフォルニアに移し、さら

に技に磨きをかけていきます。この場所では、スケートボードが文化として

確立されていて、街のあちこちにスケードボードパークがありいつでも自由に練習でき

る、また、その場でハイレベルな仲間と切磋琢磨し合える環境があって

飛躍的な実力をつけていくことが出来た。

いい環境なんですね。

行きたい。

堀米雄斗スケートボードの世界王者の魅力とは?

堀米雄斗選手の魅力とは、技にオリジナニティーがあり難しいトリックを難なく決めてしまう

事。それには、飛びぬけたバランス感覚が必要で、それを持っているのですよ。

スケーティングが軽やかで、空中姿勢がよく、優雅な印象を受けますね。

そして、努力する姿勢、新技の開発に積極的に挑みます。

また、大舞台での度胸と勝負強さを兼ね備えており、チャレンジ精神も旺盛で

難しいトリックを簡単に成功させてしまう。これが最高の魅力でしょう。

得意技・十八番

堀米雄斗選手の得意技は、ハンドレール(手すり)を使うトリック!

十八番は、「ノーリー フロントサイド270リップスライド」!!

簡単に言うと、体を270度旋回させながらハンドレールに飛び乗り着地する。

今度、このトリックを注目してみてみよう!

モットーは、人がほとんどやっていない技を見てアレンジする。

時間があれば、動画でヒントを探る。

イメージを膨らませて街中にある練習場で技の習得に励む。

練習は、一日3、4時間。

堀米雄斗の2020年の東京オリンピックの切符は?

これだけの世界で戦える実力の持ち主の堀米雄斗選手は、東京オリンピック代表に選ばれてい

るのだろうか?

ちまたでは、すでに「金メダル間違いなし」との話が出ていますが・・・

実は、東京オリンピックの代表選考は、これから(8/24現在)ですって

堀米雄斗プロフィール

堀米雄斗(ほりごめ ゆうと)

1999年1月7日生まれ、20歳、170cm、東京都江東区出身

LOWTOWN SKATE CLUB所属

堀米雄斗これがスケートボード世界王者のプロフィールだ!戦績が衝撃的のまとめ

いかがでしたか?

スケートボードの堀米雄斗選手のすごさを分かりましたでしょうか。

何度も繰り返しますが、普通では、出場できない大会なんですよ。

実力は十分あります。

世界からトップのスケーターが競うのですから。

2020年の東京オリンピック代表で金メダルは間違いなさそうですね。

がんばってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット