羽切瑠菜NGT48解雇!山口真帆暴行事件に関与か?

3月10日(日)、羽切瑠菜(19)は、グループの公式サイトで、「活動辞退」を発表しました。羽切瑠菜さんは、NGT48の研究生の身、昨年2018年12月26日から「活動のルールに反する行動が認められた」との理由から、無期限の謹慎処分が科されていたのです。なぜこのタイミングでの発表なのでしょうか。

スポンサーリンク

羽切瑠菜NGT48解雇になるまでの経緯

羽切瑠菜さんは、昨年2018年4月にNGT48、第2期生オーディションに合格しました。

そして、同年6月に2期生として劇場公演でお披露目されました。

その後、12月24日の研究生公演「PARTYが始まるよ~研究生の息吹を感じて!~」

で初日公演デビュー。と、順調に滑り出したところでした。

その直後の12月26日から2019年3月10日までの無期限の謹慎処分となりました。

なぜでしょう?

今回の出来事について、やはり、運営側の詳細な説明はありません

NGT48研究生 羽切瑠菜 活動辞退のご報告

NGT48 official Siteより

2019.03.10

この度、活動を自粛しておりました2期研究生の羽切瑠菜からの活動辞退の申し入れがあり、受理しましたことをご報告させて頂きます。

以下に本人からのコメントを掲載します。

この度、私、羽切瑠菜はNGT48の活動を辞退させていただくことになりました。みなさんをお待たせしてしまった上に、このような発表になってしまい、とても申し訳なく思っています。

短い間でしたが、ステージに立たせていただいたり、握手会に参加させていただいたり、SNSをやらせていただいたりして、ファンのみなさんとお会いしたり、お話したり、たくさん応援の声をいただいたりなど、夢みたいな活動をさせていただきました。

他にも演技やラジオ、テレビなどたくさんの経験もさせていただき、このような活動、一つひとつが、ずっとアイドルに憧れていた私にとって、とてもとても幸せな特別な時間でした。

これも偏に、応援してくださったファンのみなさん、2期生をはじめとするメンバー、たくさんのスタッフのおかげです。

ありがとうございます。

たくさん準備をして、時間をかけて、会いにきてくださったり、ほっこりする気持ちにさせてくださったり、あたたかい言葉をかけてくださったり、関わってくださった全ての方の、たくさんの気持ちにとても感謝しています。

もっとアイドルとして、たくさんのことを経験したり感じたりしたかったという想いもありますが、これから先の自分の将来を考え、別の道を歩む決断をしました。

これからは、新しいことに挑戦したり、たくさんの経験をしたりして、大切なのを大切にできる大人になりたいと思います。

最後に、今までたくさんの幸せをありがとうございました。

以上です。

本日をもっての活動終了となります。

NGT48 Mobile フォトログ、SHOWROOM、Instagramに関しましても本日をもって終了いたします。

ファンレター、プレゼントの受け付けは3/16(土)で終了いたします。

スポンサーリンク

羽切瑠菜NGT48解雇の理由とは

やはり、運営側、本人からも説明はありません。

社会的に組織として経営しているのであれば、それ相応の説明責任がトップにはあります。

それをしない組織とは・・・。

不思議な組織です。

羽切瑠菜NGT48解雇直前の出来事

2019年3月6日(水)、元AKB48グループ総支配人・戸賀崎智信(45)氏が、AKB48劇場支配人・

細井孝宏氏、元NGT劇場支配人・今村悦男氏と居酒屋で楽しそうに酒を飲んでいる姿の写真と

メッセージ(みんなぐたらない報道に惑わされないように)、をツイート。

翌7日、AKSは、戸賀崎氏のツイートに即、反応し、細井氏はAKB48劇場支配人退任。今村氏

は、契約解除し、みごとな早い火消を行いました。

この対応の早さと処分は、なにを物語っているのでしょう。

NGT48を解雇された羽切瑠菜のプロフィール

羽切瑠菜(はきり るな) ニックネーム「るんちゃん」

1999年11月29日生まれ、19歳。

群馬県出身。

AKS事務所所属。

2018年4月(18) NGT48第2期生オーディション合格。

2018年12月(19) ~2019年3月9日 活動自粛。

2019年3月10日 NGT48 解雇。

羽切瑠菜NGT48解雇!山口真帆暴行事件に関与か?のまとめ

山口真帆さんがSNSで告発したのは、2019年1月8日、あれからおよそ2ヶ月が経ちますが、この

事件は、残念ながら風化しつつあります。

その中で、今度は、NGT48の研究生、羽切瑠菜さんが、活動辞退をAKSに申し出て、実質の解

雇となりました。

またしても、AKSからの謹慎理由や解雇理由に説明はありません。

本人からもありません。

山口真帆暴力事件と結びつけようとはしたくはありません。

しかし、山口真帆さんが襲われたのは、2018年12月8日です。

羽切瑠菜さんが謹慎処分されたのが、2018年12月26日です。

この2018年12月8日~2019年1月8日は、山口真帆さんと今村元支配人との「約束」を実行す

る期間でした。が、今村元支配人は、何もしなかったということで、山口真帆さんが世間に公

表したわけです。

羽切瑠菜さんは、これからの新しい道を見出したために単に辞めていったかもしれませんが、

第三者委員会の検証結果発表を20日前後に控え、身辺整理をしているように思えるこの行動

は、疑がわざるを得ない状況と思います。

2018年12月8日の真実を知っているのは、元支配人の今村悦男氏と山口真帆さんです。

このふたりが真実を話せない理由は、運営側にある。

あと一週間後の第三者委員会の検証結果報告を待ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット