F35自衛隊戦闘機墜落!原因と場所は、世界初の出来事?

スポンサーリンク

自衛隊の最新戦闘機「F35A」の機影が突如、レーダーから消えた。4月9日夜の出来事。場所は、青森県沖の太平洋上。その後、4月10日午前、機体の一部が海上で回収された。パイロットは、いまだ発見されていません。どのような状況なのか調べてみました。

[ad#co-1]

F35A自衛隊戦闘機墜落!事故発生状況、原因と場所は?

最新戦闘機「F35A」1機が、4月9日、午後7時27分、場所は、青森県三沢市の東135キロ付近

でレーダーから消えました。操縦パイロットは、1名とのことです。

三沢基地を離陸してから、およそ30分後の出来事でした。

事故発生当時、同型の他の戦闘機3機、あわせて4機で、訓練を行っていました。

事故発生前までに、パイロットからは、異常を知らせるやり取りなどは、ありませんでした。

岩屋防衛相によると、現在、行方不明のパイロットからミッション(訓練)の中止をする信号が

送られてきて、その後、通信が途絶えたといいます。

最後の通信とは「ノック・イット・オフ」(訓練を中止する)でした。

墜落の原因は、いまのところ不明です。

墜落した機体は、三菱重工業が組み立てた国内製造初号機でした。

日本で組み立てたんですね。

岩屋防衛相は、海上で機体の一部の尾翼が見つかったことを受けて、戦闘機が「墜落」したと

断定し、発表をしました。

この戦闘機には、いまだ、パイロットは、発見できない状況で、パイロットは、40代の3等空

佐の男性だということです。

[追記]

4月11日航空自衛隊より、安否不明のパイロットの氏名が公表されました。

パイロット名 細見彰里(ほそみ あきのり)3等空佐(41)

総飛行時間3200時間のベテラン、F35Aでは、約60時間でした。

事故当時、細見3佐は、4機編隊の1番機、編隊長(通称4機リーダー)を務めていました。

最新戦闘機「F35A」飛行見合わせ

「F35A」は、ステルス(※)性能を装備した最新鋭の戦闘機です。

※ステルスとは、レーダーに映りにくい

三沢基地では、2018年の昨年1月から配備がスタートし、現在13機保有しています。

この事故を受けて、防衛省は、残りの12機について、当面、飛行の見合わせを決定しました。

スポンサーリンク

F35A自衛隊最新戦闘機墜落!現場海域捜索状況、アメリカは大型爆撃機B52投入!

日米で艦艇や航空機で捜索中です。

アメリカ軍は、自衛隊に協力し異例の捜索態勢をひき、

三沢基地からP-8哨戒機を捜索に参加、さらにグアムのアンダーセン基地からB-52爆撃機

を事故現場海域に等に投入、このアメリカ軍の意気込みはなんなんでしょう?

それは、ロシアと中国が探索にという情報もあり、機体をもっていかれないように

という強い意思表示を見せたということ。

どうなることでしょう。

青森県自衛隊三沢基地の最新戦闘機「F35A」の捜索は、八戸海上保安部と岩手県の釜石海上保

安部から巡視船、あわせて3隻がでて捜索を始めるところです。

自衛隊最新戦闘機「F35A」とは、1機の値段116億円

最新戦闘機「F35A」は、前記しましたが、最大の特徴であるレーダーに映りにくいステルス性

能を備えた最新鋭の戦闘機です。

「F35」は、機体の性能を区別するためA・B・C型の3種類があります。

今回のレーダーから機影が消えた機体は、地上の滑走路を発着するタイプの「A型」です。

また、一機の価格は116億円するそうですよ。高いですねー。

防衛省、最新戦闘機「F35」の導入計画とタイプの違い

今後、自衛隊の配備基地には「A型」105機、「B型」42機導入を予定しています。

なお、B型は、艦艇に発着できるタイプです。

ちなみに、F35は、3つのタイプがあり、

A型は、基本型の通常の離着陸機

B型は、短距離離陸・垂直着陸

C型は、艦載機

最新戦闘機「F35」の過去の事故発生は?世界初?

昨年の2018年、9月、アメリカ軍のF35B型1機が、南部サウスカロライナ州で、訓練中に墜落

する事故が発生しています。

墜落の原因が特定していない状況ですが、1件墜落していますね。

最新戦闘機が墜落した大きな意味とは

最新鋭戦闘機「F35A」が墜落した意味は、とても大きい出来事です。

「F35A」は、日本の空を守る戦闘機、それも主力戦闘機、最新鋭。

現在は、任務を付与する前の段階で、運用試験として訓練中です。

今後の体制を整備するうえで非常に大きな問題となりました。

そのためにも、早期に、原因が、機体なのか、人的な養豚があったのかを究明して再発防止を

図ることが必要であり、急務である。

自衛隊最新戦闘機墜落!原因と場所は、世界初の出来事?

操縦していたパイロット1名がいまだ発見していない状況で、とても心配ですね。

自動で脱出する装置がついてる思うのですが。

どこかで生存していることを願います。

同時に、早く機体の回収と原因の特定、再初防止策を

国民に向けて発表をお願いします。

日本国の空を守るのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット