ヒロミ景品表示法違反!知らなかったで済むのかプロデュース商品?

驚き!あのヒロミ(54)がプデュースする商品が景品表示法違反で国から処置命令を受けていた。今日、4月14日に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜日・午前10時)に出演し、謝罪しました。どのようなことが起きたのか詳しく紹介します。

スポンサーリンク

ヒロミ、プロデュース商品景品表示法違反!

ヒロミ自らがプロデュースする「加圧シャツ・パンプマッスルビルダーTシャツ」が

誇大広告との指摘をうけたというものです。

消費庁が、3月22日、加圧シャツでやせるという「根拠なし」として、

加圧シャツの販売業者9社に景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして、

再発防止の処置命令をだしました。

自社のウェブサイトなどで「当該商品を着用するだけで、容易に著しい痩身効果および著しい筋肉増強効果が得られるかのように誤認を与える」として処分されました。

ヒロミ、プロデュース商品景品表示法違反のシャツとは

ヒロミと株式会社イッティが共同開発した「パンプマッスルビルダーTシャツ」。

誇大広告の内容は、

「腹筋を割りたい人に!」

「大胸筋を大きく見せたい人に!」

「トレーニングジムオーナーのヒロミが開発!着るだけで劇的変化!」

「加圧効果によりヒロミプロデュース商品の実力はお墨付き」

などと表現していた。

イッティ社公式サイトには、ヒロミのほかに、元宝塚の初嶺麿代さん、小倉優子さん、保坂尚希さんなどの名前もあるようです。今回の指摘を受け、落ち着かないのでは…

スポンサーリンク

ヒロミプロデュース商品景品表示法違反!「知らなかった」で済むのかテレビ出演で謝罪?

ヒロミは、この商品を実際にフムロデュースしたことは認めていますが、

指摘された「広告の内容」については、知らなかったと述べ、

今回、問題となった「広告の内容」について問われると

「こういうと逃げてるみたいなんだけど」と前置きしたうえで

「広告の内容について実際、知らなかったんですよ。(広告がでたのが)

昨年2018年5月~8月の間だったらしいんですけど、注意を受けて改善をしたらしいです。

報告を受けてはいなかったんです。

そのことを全然知らなかったです」と述べました。

「僕が前面に、表に出ていますから、もしそういう誤解が生まれたことは申し訳ないな

と。今回は、本当に申し訳ございませんでした。」と謝罪しました。

ヒロミ景品表示法違反!知らなかったで済むのかテレビ出演で謝罪?のまとめ

販売会社からは、ヒロミには責任がないという主旨のお詫び文を掲載しているそうですが。

責任はどうなんでしょうね。でも、関係がないとは言えないですよね。

3月22日に消費者庁から、販売業社9社が指摘を受け、ヒロミさんは、この事件をいつ知ったの

でしょうか?

ニュースで知って、自らが、その販売業者に連絡して「気を付けてください」という話をした

と語っていましたが。そのような言葉一つで、事が済むことなのでしょうか?

また、ヒロミさんは、「広告の内容」について、

最初から、改善処置にいたるまで「知らない」一点張り、そんなもんなのでしょうか?

「プロデュース」した方は、被害者?、加害者?

どこまで責任があるのでしょう。

同じことが他の芸能の「NGT」も、あるプロデューサの責任問題が囁かれていますが・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット