中邑菫小学生プロデビュー戦!初段同士相手は16歳、結果は?

スポンサーリンク

4月22日、囲碁の最年少プロで小学生の中邑菫(なかむら すみれ)さんが、プロデビューしました。中邑菫さんは、この4月1日にプロ棋士になったばかりの出来立てホヤホヤの棋士です。注目が集まる中での、初の公式戦対局となります。緊張しますね。結果は?

[ad#co-1]

中邑菫小学生プロデビュー戦!結果は?

中邑菫初段(10)の結果は、残念ながら、負けてしまいました。

先番は、中邑菫初段で始まり、一時は、優勢と見えていたが、逆転負けとなってしまいまし

た。

中邑菫初段は、この対局の対戦に、最年勝利勝利が掛かっていました。

中邑菫初段の対戦相手は大森らん初段(16)

中邑菫初段は、今年4月に史上最年少として10歳0か月でプロ入りを果たし、日本棋院が世界で戦える棋士を育成を目的として新設された「英才枠」でプロに入りました。

一方の対戦相手となった大森らん初段(16)は、同じく新設された「女流特別採用推薦枠」でプロ棋士となりました。

2人は、ともに関西本部に所属する「同期」同士の戦いとなりました。

スポンサーリンク

中邑菫小学生プロデビュー戦!初段同士相手は16歳、結果は?のまとめ

デビュー前から注目を集めていた中邑菫初段

プロデビュー戦の日、

このたびの対局に、海外のメディアも含めると40社、100人もの人が集まりました。

とても緊張したのではないかと思います。

普通に感じてください。

中邑菫さんは、まだ、小学生の10歳なのです。

今回の結果を糧として、世界に羽ばたいていける力をつけられたらなと思います。

頑張ってほしいですね。

応援しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット