囲碁中邑菫10歳の最年少プロ棋士誕生!どんな両親で韓国育ちなの?

スポンサーリンク

1月5日、囲碁の日本棋院は、小学生4年生の中邑菫(なかむら すみれ)さん(9)が、史上最年少プロ棋士の誕生と発表。誕生日の4月1日がプロ入りで10歳となります。中邑菫さんはどんな両親にどのような育てられたのでしよう。調べていくとそこには驚きの子育てがありました。

囲碁中邑菫10歳最年少プロ入り、両親の子育て方とこれまでの経歴・戦績

中邑菫(なかむら すみれ)さんが、囲碁と出会ったのは、3歳のころ、

母親・幸(みゆき、38)さんからの指導だったそうです。

最初は、オセロや五目並べで楽しく遊んでたのかな。

7歳になったころ、一家3人で、韓国のソウルで修業します。

その時に、父親のプロ棋士である中邑信也九段(45)は、

韓国の子供たちの囲碁を学ぶ環境が、日本にはない環境をみて、

世界を目指すために、この韓国で、

中邑菫(なかむら すみれ)さんを学ばせようと決心しました。

その環境とは、韓国では、プロを目指す子は、

朝学校に顔を出すと、すぐに道場に行き夕方まで、

囲碁の勉強をするといいます。

囲碁漬けの毎日で、平日は名門、韓鐘振(ハンジョンジン)囲碁道場。

週末は、韓国棋院で対局を重ねるというものです。

中邑菫(なかむら すみれ)さんは、日本の小学校に通いながら、

韓国の囲碁道場を行ったり来たりの生活です。

それで、いつしか、韓国語もマスターし、なんと、両親の通訳までもこなす

という天才少女です。

昨年2018年、韓国の小学低学年で優勝、韓国棋院で、プロ候補生である

研究生になりました。

そして、アマ女性が参加するネット囲碁大会の無差別クラスでも優勝。

囲碁中邑菫10歳、初の推薦棋士に選出される

中邑菫(なかむら すみれ)さんは、いままでのアマチュア大会での成績などから、推薦されて

2018年12月にプロ棋士6人の審査を受け、その結果、全員一致で賛成を得て、初の推薦棋士に

選ばれたということです。

中邑菫(なかむら すみれ)さんの年齢は、現時点、9歳ですが、

プロとなります4月1日時点で、10歳0ヶ月となります。

中邑菫(なかむら すみれ)さんの前の囲碁棋士プロ入り最年少記録保持者は、11歳6ヶ月だっ

た藤沢里菜(20)さんです。現在、女流本因坊・女流名人・女流立葵杯のタイトルを持ち、四段

です。

スポンサーリンク

囲碁中邑菫10歳のかわいい素顔と性格は?

中邑菫(なかむら すみれ)さんは、ひとこと、負けず嫌いの性格だそうです。対局に負けると

大泣きをし、その勝負魂が、道場では評価されているといいます。

囲碁中邑菫10歳は英才特別採用(第1号)に!

囲碁の中邑菫(なかむら すみれ)さんは、新設されました「英才特別採用」(強豪国の中国・韓

国が席巻する国際棋戦で活躍できるプロ棋士養成、原則、小学生が対象で、これに選ばれると

プロ棋士になれます)に選抜されました。4月1日付けで囲碁のプロ棋士となります。

囲碁中邑菫10歳のツイッターやインスタは?かわいい画像!

かわいいですー。ネ

なんでも、ちまたでは、フィギアスケーターの宇野昌麿選手に似ているとか・・・

囲碁中邑菫10歳の両親はどんなひとなの?

中邑菫(なかむら すみれ)さんは、まだ、9歳という年齢なので、小さいころから囲碁をする環

境があったものと推定し、家族関係を調べてみると、やはり、そうでした。中邑菫(なかむら

すみれ)さんの父親は、プロ棋士の中邑信也九段(45)です。また、母親は、2007年囲碁のアマ

チュア棋士で元囲碁のインストラクター中邑幸(みゆき、38)さんです。両親ともに囲碁に関わ

っていましたね。

囲碁中邑菫wiki風プロフィール

中邑 菫(なかむら すみれ)

誕生日 2009年4月1日生まれ、9歳、身長125cm

大阪市立高見小学校4年生

東京生まれ大阪市此花区出身

ひとりっこ。

韓国が得意

負けず嫌い

目標 井上裕太棋士

1月6日中邑菫(9)×井上裕太5冠(29)と対局【追記】

中邑菫(なかむら すみれ)さんが、井上裕太5冠と東大阪市役所で初対戦しました。結果は勝負

つかずの「引き分け」でした。試合経過は、中邑菫さんが井上裕太5冠が、巻き返しそうにな

った、先手にて右上隅星に第一手を、中盤戦まで、中邑菫さんが有利気味に試合を展開、その

後、井上裕太5冠が巻き返しそうになったところで、時間切れとなり、対局が終わりました。

対局後のインタビューに中村菫さんは、「打ててうれしかったです」と一言のべました。その

顔の表情からは、勝てなかった悔しさが、少し見えていたようです。負けず嫌いの性格がちょ

っと垣間見れました。

囲碁中邑菫、韓国・女流の世界チャンピオンと特別対局!【追記】

1月17日、韓国の囲碁専門のケーブルテレビ局の企画で、

日本の最年少プロ棋士となるこの4月へ向けて

中邑菫さんが、韓国・ソウルにおいて女流世界チャンピオンの萑精(チェジョン)九段と

特別対局をするとう情報が入りました。

萑精子(チェジョン)は、中国の女流世界戦「宆窿山兵聖杯」で2連覇中です。

対局が楽しみですね。

囲碁中邑菫、台湾・女流トップの黒嘉嘉七段と対局!【追記】

2月8日、今年4月にプロ囲碁棋士となる中邑菫さんと台湾の女流トップの黒嘉嘉(コク カカ)

七段が東京都内で対局することが決まったと、日本棋院から発表がありました。

この対局は、2月22日から始まる「SENKO CUP ワールド囲碁女流埼京線2019」

のプレイベンとの一環で行われるとのことです。

黒嘉嘉(コク カカ)七段は、台湾では、モデルでも活躍しており、「美しすぎる囲碁棋士」

として称されているそうです。

また、昨年2018年の同大会で、藤沢里菜(20)女流名人らを下して準優勝に輝きました。

はたして、どのような対局となるのでしようか。

囲碁中邑菫(なかむら すみれ)最年少プロ棋士誕生!どんな両親で韓国育ち名の?のまとめ

驚きましたね。

中邑菫(なかむら すみれ)さんは、まだ9歳の小学生です。

3歳から始めたとありました。そして、7歳で本格的に本場韓国で修業し、

その間もプロになるための実績も上げ、

それから、わずか2年しかたってなくて、プロレベルの実力を持つというのは、天才のひ

とことですね。

なんといっても、素質、3歳で教えても普通、遊び程度で毎日は、継続しませんよね。

それと、毎日継続できる力、それを努力という言葉に置き換えて、そんな小さなとき

から、努力する素質というか、ちからがそもそも備わっていたんですね。

とにもかくにも、プロ入りを決断したわけですから、世界に羽ばたいていただいて、その姿

を、日本国民が暖かく見守っていきたいですね。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット