大相撲初場所13日目、白鵬vs貴景勝取り組み結果は?

スポンサーリンク

大相撲初場所13日目、まさかの横綱白鵬連敗で、優勝の行方は、予想がつかない状況に。今日、白鵬と対戦するのは、先場所の優勝力士の新関脇貴景勝。連敗もめずらしい横綱白鵬に対し、結果は?

[ad#co-1]

大相撲初場所白鵬2敗vs新関脇貴景勝3敗の結果は?

昨日13日目は、関脇玉鷲は、横綱白鵬との対戦成績が、0勝13敗でしたが、見事勝つことが出来ました。今日は、対横綱白鵬との対戦成績が0勝3敗の新貴景勝が挑みました。

取組内容

立ち合いは、どちらもきれいに合わせられた。貴景勝は、いつも通りの突っ張りで攻撃します。白鵬は、回しを積極的に取ろうとはせずに、貴景勝の突っ張りの動きに合わせるように、終始ぶつかりっては、少し離れ、またぶつかっては、離れを繰りかえし、立ち合いから4度目のぶつかりをしようとした瞬間、新関脇の貴景勝は、左に動いていなすと横綱白鵬は、もろくも土俵に両手をつきました。決まり手は、「突き落とし」。とても、あっけない勝負でした。これで、横綱白鵬は、なんと3連敗を喫してしまいました。白鵬は、連敗はもとより、3連敗は、記憶ないほどめずらしいのです。なんと4年前の2015年九州場所以来19場所ぶりとなります。

この結果、関脇玉鷲は、今日の取り組みで、北勝富士に勝っているため、2敗を守り、単独トップに躍り出ました。早ければ、明日14日目に初優勝が決まります。ただし、3敗の白鵬と貴景勝のふたりが同時に負けた場合です。

大相撲初場所14日目優勝注目力士

関脇    玉鷲     12勝2敗

横綱    白鵬     11勝3敗

新関脇 貴景勝    11勝3敗

スポンサーリンク

大相撲初場所縫14日目白鵬3敗後の結果みどころ

新関脇 貴景勝(10勝3敗) - 前頭四 隠岐の海(6勝7敗)

前頭五 碧山(7勝6敗)    - 関脇 玉鷲(11勝2敗)

結びの一番

大関 豪栄道(7勝6敗)    - 横綱 白鵬(10勝3敗)

大相撲初場所13日目、白鵬vs貴景勝取り組み結果は?のまとめ

大相撲初場所も13日目が終わり、はっきりと優勝の二文字がみえてきましたね。まさかの横綱

白鵬3連敗で、優勝戦線が混沌としてきて、明日がとても楽しみです。14日目あすにでも、関

脇玉鷲の初優勝になる可能性がでてきました。そのためには、白鵬と貴景勝、両者に土がつく

ことが条件となりますが、可能性としては、低い気がしますね。それよりもいま、関脇玉鷲

は、どのような心境でいるのか気になります。初優勝が目前の心境です。玉鷲は、明日、碧山

との取り組みが予定されており、その碧山は、勝ち越しがかかっている状況です。心境は、ど

ちらも穏やかではないはずです。あす、期待して応援しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット