福岡多重事故被害は車種は?また高齢者逆走猛スピードで交差点突っ込む!

スポンサーリンク

6月4日午後7時5分ごろ、福岡県福岡市早良区の交差点で、複数の車両が衝突した交通事故が発生しました。当時交差点は、帰宅ラッシュと重なり大通りは大変込み合っており、この事故により、複数の被害者が発生した模様です。くわしく調べてみました。

[ad#co-1]

福岡多重事故、現場は?車種は?

事故現場は、福岡市早良(さわら)区百道(ももち)2丁目の交差点。

市営地下鉄藤崎駅の近くで、「明治通り」と県道「原通り」が交わる「早良口交差点」付近の

一帯です。

事故を起こした車種は、プリウスではなく「エスティマ」みたいです。

交差点までの経緯

引用:西日本新聞

県警によりますと、小島吉正さんの運転する乗用車は、交差点の約600メートル手前で、

1回目の事故。進行方向が同じ男性(36)の車と追突。

2回目は、そのあと北上しながら、対向車の男性(25)の軽自動車の右側サイドミラーと接触。

そして、3回目は、交差点手前でタクシーを運転する男性(71)と衝突。

4回目は、交差点内で右折しようとしようとしていた男性(43)の車と接触、

5回目は、同じく右折待ちをしていた女性(40)の車も巻き込んだ。

右折しようとしたその男性の車は、衝突のはずみで横転した状態で歩道に乗り上げました。

小島さん運転の車は、最後に歩道に乗り上げ信号待ちをしていた通行人の無男性(35)に衝突し

ました。

スポンサーリンク

事故原因は?

高齢者の男性が運転する乗用車が、逆走しながら、次々にほかの車と衝突しながら交差点に突

入したあと、建物に衝突し車は停まりました。

県警によると、交差点の約600メートル手前で最初の事故を起こしていたといいます。

県警によると、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いも視野に入れて捜査しています。

車の実況見分、目撃情報の精査を進めて事故の原因を調査中です。

福岡多重事故被害状況は?2人死亡

逆走し、猛スピードで運転をしていた高齢の男性、小島吉正(81)さんと同乗していた高齢の女性妻節子(76)さん2人が死亡しました。

二人の死因は、小島吉正さんが出血性ショック、節子さんが重傷胸部外傷でした。

合計6台の車が絡む事故で、10代から80代の男女9人が病院に搬送されました。

他の7人の怪我の程度は現在のところ、分かっていません。

福岡多重事故被害は車種は?また高齢者逆走猛スピードで交差点に突っ込む!のまとめ

信じられない交通事故が、またしてもという感じで起こってしまいました。

81歳の高齢者のドライバー、逆走、猛スピード、車種はプリウスではなかったのですが・・

「またしても」

ほぼ、毎日といっても過言ではない感じで、同様の事故が発生しています。

異常事態です。最近発生している事故は、「後ろ」から衝突されます。

これは、もう防ぎようがないですよね。

うかうか、道路を歩けない、運転もできない状況に

今、日本はなっています。

国をあげての早急な対応・対策が必要なのでは・・

これは、まさに交通戦争ですよね。

その真っただ中に私たちは、暮らしています。

いつ死ぬかわからない状態にあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット