車の燃料入れ間違い!ガソリン車に軽油を入れたらどうなるの?

スポンサーリンク

JAFより、車の燃料の入れ間違いによるトラブルの救援要請件数の発表がありました。期間は、昨年2018年12月1日~12月31日の1ヶ月。全国で390件あったといいます。「燃料の入れ間違い」するとどうなってしまうのでしょう。どうすればいいのでしょう。

[ad#co-1]

車に燃料を補給中に、気が付いて「入れ間違った」というのが、1ヶ月で390件発生です。では、気が付かずにそのまま走行してしまった場合は、何件?いやいやそれも知りたいですが、気が付かないで、走行してしまった場合、車は、どうなるのか、気になって調べてみました。

なぜ車の燃料入れ間違いは起こるのか

ガソリン車に、燃料を補給する場合、なぜ、「入れ間違う」のか、理由を調べてみました。

・自分の車でなかったため、本来、ハイオク車なのに、燃料の種類の確認をせずに、自分の車同様にレギュラーガソリンを入れてしまった。

・軽自動車なので、軽油を入れてしまった。

・単純にうっかりミス。

以上が主な理由で、思い込み、いつも通り、勘違いなどで「入れ間違い」が発生していました。

このようなことを調べて書いている私も、以上の3つの理由を体験しています。

ですから、改めて、しっかりと、みなさんにもお知らせしなくてはと思い、ペンを取った次第です。本当に、うっかりやってしまいますよ。

そうならないように、また、やってしまったら、どうすればいいの?

知るか知らないかで、意識が高まり、うっかりは無くなるかも。

そして、うっかりやってしまったら、こうすればいいという知識があれば、困ることがないですね。

車の燃料を入れ間違うとどうなる?

燃料を入れ間違えるとどうなる?気になるところですね。調べましたよ。

①車の燃料入れ間違い「ガソリン車に軽油」

走行中にエンジンの出力が落ち、加速しなくなる(アクセルペダルを踏み込んでもスピードが上がらない)。そのまま走り続けると、エンジンに送り込まれる燃料が、軽油100%の状況になり、排気ガスが黒煙となり、ノッキング現象(異音や振動)が発生。そして、エンジンストップ。

対処方法

給油中に気が付いたとき

エンジンをかけない。カソリンスタンドのスタッフに連絡する。

気が付かないで走行中に、異音や振動が発生したら

すぐに安全な場所に停車する。JAFや自動車保険のロードサービスに連絡する。

※とにかく、絶対に「エンジンを掛けないこと」

②車の燃料入れ間違い「ディーゼル車にガソリン」

排気ガスが白煙となり、ノッキング原子用が発生し、そしてエンジンストップ。

対処方法

①に同じ

③車の燃料入れ間違い「レギュラーガソリン車にハイオクガソリン」

①の「ガソリン車に軽油」ほどに、問題にはなりません。故障はしません。

④車の燃料入れ間違い「ハイオクガソリン車にレギュラーガソリン」

ノッキング(異音ヤ振動)が発生しやすくなり、スピードがでなくなったり、燃費の悪化となります。すぐに故障はしませんが、正規のハイオクガソリンを入れましょう。

スポンサーリンク

車の燃料入れ間違い!ガソリン車に軽油を入れたらどうなるの?のまとめ

「車の燃料入れ間違い」をしないために。

・セルフ式ガソリンスタンドで給油するときは、必ず、燃料の種類を確かめるクセをつけましょう。

・給油員がいるガソリンスタンドでも、燃料の種類を、しっかりと伝えましょう。

自分の車でなかったり、軽自動車の場合、同じ「軽」と明記されているので、うっかりが起きやすいです。自分でも体験してしまいました。身近に、誰にでも起こり得ることなので、あとあと修理代が掛からないようにするために、いえいえ、その以前に、安全運転を心がけて、車にあった適正な燃料を給油するよう、給油前に、一呼吸おいて、給油しましょう。1件でも「入れ間違い」が減りますように、この情報がお役にたてたら、幸いです。

それでは、安全運転でお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット