ユニクロなどがレジ袋を有料化し紙製に変更!いつから、いくらで?

7月3日、衣料品店の「ユニクロ」や「ジーユー(GU)」の運営会社であるファーストリテイリングが国内の店舗において、プラスチック製のレジ袋を紙製に順次切り替え、レジ袋を有料化することを発表しました。

スポンサーリンク

ユニクロなどがレジ袋を有料化し紙製にするのはいつ?

衣料品店の「ユニクロ」や「ジーユー(GU)」を運営しますファーストリテイリングによると

プラスチック製のレジ袋を「紙製」(再生紙)に順次入れ替えるのは、国内店舗は9月1日から

また、有料化に踏み切るのは、2020年1月14日から1枚10円で販売すると公表しました。

国内店舗では、年内の2019年の内にプラスチック製のレジ袋を撤廃すると宣言。

と同時に国内外において商品のパーケッジであるプラスチックの削減を進めます。

そして、今年9月以降からレジ袋削減のために「エコバック」を順次発売するとしています。

フアーストリテイリングは、2020年中にグループ全体として、店頭での使い捨てプラスチック包装の85%にあたるおよそ7800トンの削減を目指します。

国内のみならず世界規模での取り組み

また、日本をはじめとして世界12か国と地域でも現在、使用されているプラスチック製ショッピングバックを廃止、今年2019年9月1日から再生紙の利用で環境に配慮した紙袋に順次切り替えていきます。

国内外の「ユニクロ(UNIQLO)」「ジーユー(GU)」「コントワー・デ・コトニ(Comptoir des Cotonniers)」「プリンセス タム・タム(PRINCESSE tam.tam)」などの店舗でオリジナルのエコバックを9月以降発売します。

欧州や北米、韓国など16の国と地域の「ユニクロ」「ジーユー」でも9月以降ショッピングバックを有料化する方向です。

2019年秋冬に向けてプラスチック製パッケージ廃止

2019年秋冬シーズンから「ユニクロ」で使用している一部商品のプラスチック製パッケージを廃止します。

そして、将来的には、ヒートテックやエアリズムなどのインナー類、「ユニクロ」の一部商品のパッケージを紙などの代替え素材へ切り替える方向で、今夏から検証を開始する予定です。

ユニクロなどがレジ袋を有料化し紙製に変更!いつから、いくらで?のまとめ

「ユニクロ」「ジーユー」の運営会社ファーストリテイリングは、いち早く、反応して

世界的なプラスチックの廃棄問題に取り組み始めました。

とてもすばらしいことですね。

そして、国内だけにとどまらず、世界規模で対応するというところがさらに素晴らしいことで

す。

世界的なプラスチック廃棄問題は、これを皮切りに

他の企業も次々と参入してくることでしょう。

関連記事>>>レジ袋の有料化と義務化!なんで、いつから、いくらに?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット