厚労省の不適切調査雇用保険追加給付をわかりやすく解説します!

スポンサーリンク



2019年1月11日、厚労省は、「雇用保険の失業給付」や「労災保険」での過少支給の対象者は、1973万人で、総額が537億5千万円にのぼると発表しました。いわゆる、厚生労働省が「毎月勤労統計」で、労働時間の動向や賃金を把握するもので、不適正調査問題のことです。

スポンサーリンク



厚生労働省保険追加給付のスケジュール

引用jiji.com(2月4日21:12)

厚労省不適切調査雇用保険追加給付はいつから

2004年~政府は、2004年まで遡り、不足分を追加支給するとの方針です。またまた、厚労省のとんでもない事件が発覚です。

厚労省不適切調査雇用保険追加給付ってどんなこと

毎月勤労統計調査は、全数調査するところを、一部抽出調査で行っていたといいます。そのた

め、2004年以降、賃金額が低めに算出され、平均給与額の変動を基礎としてスライド率を算定

している雇用保険制度の給付額に影響がでた。

つまりは、データー量が少なった分、平均給与額が低くなり、支給する額も少なくなった。労

働者の実態給与を参考にして、支給水準を決めています。

厚労省不適切雇用保険追加給付の対応

(厚労省ホームページより抜粋)

・2004年にさかのぼって、追加支給します。

・2019年1月11日(金)から、電話相談窓口を開設しました。

雇用保険  0120-952-807

労災保険  0120-952-824

船員保険  0120-843-547、0120-830-008

受付時間  平日 午前8:30~午後8:00まで。

・住所データが残っている方は、システム改修等の準備が整い次第、お手紙にてご連絡の予定です。

・住所データが無い方は、ホームページ等で、公表します。その後、受給者のお申し出をいただき、受給実績、本人確認をして、追加支給を想定しています。

厚労省不適切雇用保険追加給付の対象者

・雇用保険関係

「基本手当」「再就職手当」「高年齢雇用継続給付」「育児休業」など2004年8月以降に受給された方と、「政府職員失業者退職手当」(国家公務員退職手当法)「就職促進手当」(労働施策統合推進法)

・労災保険関係

「疾病(補償)年金」「障害(補償)年金」「遺族(補償)年金」「休業(補償)給付」など2004年7月以降に受給された方

・船員保険関係

「障害年金」「遺族年金」などを2004年8月以降受給された方

・事業主向け助成金

「雇用調整助成金」の支給決定の対象休業等期間の初日が2004年8月から2011年7月の間であったか、2014年8月以降であった事業主 等

書類保管のお願い

・雇用保険

「受給資格者証」「被保険者証」

・労災保険

「支給決定通知」「支払振込通知」「年金証書」「変更決定通知書」

・船員保険

「支給決定通知」「払込通知」「年金通知」「改定通知書」

・政府職員失業者退職手当

「失業者退職手当受給資格証」等

・就職促進手当

「就職促進手当支給決定通知書」など支給の事実が確認できる書類

・事業主向け助成金

「支給申請書類一式」「支給決定通知書」

厚労省不適切雇用保険追加給付の最後に

厚労省によると、同省が設置した電話相談窓口には、雇用保険などの過少支給に関して、1月

11日の午後だけでも、約2,000件の問い合わせがあったそうです。ものすごいですね。みなさ

んの関心の大きさが分かりますね。

そして、この件についての注意なのですが、追加支給に関して、厚生労働省・都道府県労働

局・ハローワーク(公共職業安定所)・からは、直接電話をすることはありませんので、これら

をかたる電話には注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット