元スノーボード選手成田童夢の現在、TV出演!本当は何をしているのか?

スポンサーリンク

元スノーボード選手の成田童夢が、最近TVに出演しているのを見かけるようになりました。理由は、大麻を営利目的で密輸した国母和宏容疑者についてのコメンテーターとして。成田童夢をみなさんは覚えているだろうか?現在なにをしているのか追ってみました。

成田童夢と言えば、2006年トリノオリンピックのスノーボードハーフパイプで日本代表で出場

した選手ですね。当時彼は、20歳という若さでした。

成田童夢は、その後どのように生きて現在、TVに出演しているのか気になり、調べてみること

にしました。

元スノーボード選手成田童夢の現在

 当時の20歳のころ

     現在

成田童夢さんは、現在34歳で、当然、スノーボードの選手を引退しております。

その彼は、現在、タレントとなって活動をしているということです。

あまりテレビでは、見かけないようですが。

そして、2015年10月10日一般女性と結婚もして、2019年4月には第一子となる男児が誕

生、家庭を築いています。

ちなみに、奥様になられた一般女性の方は、成田童夢さんの活躍した選手時代を知らないそう

です。

そういうもんですよね。その方が、全てうまくいきますよ。

成田童夢プロフィール

成田童夢(なりた どうむ)

1985年9月22日生まれ、34歳、162cm、58kg、AB型、大坂市住之江区出身

明時大学卒

スポンサーリンク

成田童夢の家族は

父親・成田隆史、成田童夢は4人兄妹の長男で、※長女・今井ロメ、※次男・今井流星、三

男・成田緑夢(ぐりむ)

※苗字が違う理由は、最初の母親と離婚しており母の姓が「今井」だったため。

再婚して、三男の流星さんが生まれました。

妹の今井メロさんも、兄の成田童夢さんと一緒にトリノオリンピックに出場するほどの実力を

持っていましたが、兄同様の結果、予選敗退となってしまいました。

成田流星さんは、2013年トランポリンでの練習中に着地を失敗し左足の大けがを負ってしまい

障害者となりますが、努力が実って2018年3月の平昌パラリンピックで、スノーボードクロス

で金メダルを獲得しました。

成田童夢のスノーボードの成績

2002年3月(17歳) ワールドカップ(札幌・真駒内)         5位

2002年3月(17歳) 日本選手権(青森・鯵ヶ沢町)          優勝

2002年12月(18歳) ワールドカップ(カナダ・ウィスラー)      優勝

2003年1月(18歳) 世界選手権(オーストリア・クライッシュバーグ) 11位

2004年3月(18歳) ワールドカップ(イタリア・バルドネッキア)     4位

2004年12月(19歳) ワールドカップ(カナダ・ストーンハム)     3位

2005年1月(19歳) 世界選手権(カナダ・ウィスラー)        10位

2005年2月(19歳) ワールドカップ(イタリア・バルドネッキア)     3位

2005年12月(20歳) ワールドカップ(カナダ・ウィスラー)      優勝

2006年2月(20歳) オリンピック(イタリア・トリノ)         35位(予選敗退)

2008年2月(22歳) FIS(長野・北志賀高井富士)              2位 

スノーボード選手成田童夢の選手引退後

予選落ちした結果のトリノオリンピック後、

本人のビックマウスなどによる度重なるバッシングにより

スノーボード界を去っていきました。

2016年12月12日に放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」

に出演した成田童夢さんは、その番組の中で「極度の人間不信に陥り、

引きこもり生活をはじめた」と告白しています。

そして、スケートボード成田童夢選手は、2011年7月13日に現役引退を表明しました。

これを機としてタレントに転身し、アイドルユニット「D-si’s(デーシスターズ)」をプ

ロデュースし立ち上げはしましたが、現在は、事情により活動停止中です。

2015年9月29日に芸能プロダクションならびにイベント企画会社「合同会社夢組」を設立しま

した。肩書は、サブカルチャータレント!

同年10月、25歳の一般女性と結婚。

元スノーボード選手成田童夢はその後オタクへ

成田童夢さんは、小さなころから「アニメ好き」で、将来は、声優になりたい。

父親は、「オリンピックにでてからにしろ!」という鬼コーチの異名を持つ方。

ちなみに、父親は、子供たちに対して、学校はいくな!

という超スパルタ教育をしていたということで、有名な父親です。

そのために必死となって、毎日のトレーニングをがんばったという。

実際に、オリンピックに出てしまうのだから、ものすごい人だなと思います。

成田童夢さんが現役を引退し、その後の人生、どういう仕事で生きていくか。

とても悩んだことでしょう。

成田童夢さんは、小さい頃の「夢」を実現するために、引きこもった後、再び始動します。

その「夢とは」

声優、芸能人、アニメ!

成田童夢さんは、父親との約束、「オリンピックに出てからしろ!」を守って

今、会社を設立し、サブカルチャータレント業もこなし、

大好きな「オタク」も文化として情報発信し地位向上に努力しながら

やっと、自分の「夢」をひとつ、ひとつかなえているところです。

人生真っただ中!

えらいなあー

元スノーボード選手成田童夢の現在、TV出演!本当は何をしているのか?のまとめ

元スノーボード選手の成田童夢さんは、ビックマウスでしたね。

あれは、波乱万丈の幕開けだったんですね。

若干17歳で、2002年の日本選手権を制し、続いて同年18歳となていた12月には

ワールドカップの頂点を制するという、まさに「天才」でした。

若気の至り、ビックマウスもしかたないかな・・・

そのビックマウスが、トリノオリンピックでは、予選敗退となる結果となり

一気に大逆風となり、スノーボート界から姿を消していきました。

そして、ひきこもりを経て、がんばって前を向き、大好きだったアニメやオタク

に関わる仕事を得ることで、結婚もし、お子さんも生まれ、

元気に映る姿をテレビを通してこんにち、見ることが出来、成田童夢さんの

その後の人生の生きざまは、素晴らしいものですね。感動しました。

なんと驚くのが、このような波乱万丈な人生が成田童夢さんだけではなく

妹の今井メロさんや成田緑夢さんもしているということ。

姉妹間は、とても仲がいいと聞きます。

これからは、落ち着いた人生が待っていることを願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告関連ユニット